投稿

3月, 2015の投稿を表示しています

「最貧困女子」を読んで

「最貧困女子」「最貧困女子」(鈴木大介 著)

週末に会った人にこの本を勧められた。日本では最近良く「女性」x 「貧困」が話題になっているということはなんとなく知っていたけれど、紹介してくれたその人はこの本には「別の次元」の現実が描かれていたと言う。

出版は昨年の9月末。筆者の鈴木さんはジャーナリストで、彼が似たようなテーマで既に何冊も書籍を発行していることを今回知ることとなるが、私にとってはこれが一冊目。

Kindle上で印象に残ったフレーズをハイライト:
「女性の低所得層が増えるほどに、低所得と貧困の境界がわかりづらくなり、その中でも殊にセックスワークの中にある貧困女性が一層不可視状態に陥ってしまう」(「総括」より)「貧乏と貧困は違う」「セックスワークの『上層』を見ると、その中にある貧困が見えなくなる」「報道されている事例は・・彼女らの困窮を伝える。にもかかわらず、なぜか貧困の当事者への風当たりが弱まっている気がしない」「猛烈な違和感」(「貧困女子報道への違和感」より)
despairを感じたとしても 少し前に読んだ「女子高生の裏社会 - 『関係性の貧困』に生きる少女たち」の直後の感想を思い出す。今回は「関係性の」という形容詞の無い「貧困」そのものにフォーカスした内容だった。何も知らなかった私がざっくり捉えていた世界は実はもっと多様で複雑なものだった。

そしてAcumenのマニフェストをふと思い出す。Acumenでは途上国における貧困層と言われる人達と仕事をしている。その第一段落はこうはじまっている・・「It starts by standing with the poor, listening to voices unheard, and recognizing potential where others see despair.」
私がこの本を読み終えて最初クラクラしたのはおそらくこの「despair」の部分を感じたからだと思う。鈴木さんも本書のあとがきの中で「本音を言えばルポライターとしての僕の心情は、もう限界だ」と書いていた。
でも鈴木さんの本のお陰で「listening to voices unheard」の一部がこうやって海の向こうで世間知らずの自分に届くこととなる。この課題について向き合ってみようという日本国内の人が一人でも増えたかもしれないし、…

姫路の高校生と束の間の交流

イメージ
先週末、グローバルハイスクール認定校として認定されている「姫路西高校」の一年生40人余りと一時間ほど交流する機会があった。ニューヨークとボストンに訪問することになっている海外研修のごく一部の時間。

ニューヨークでお世話になっているMichiyoさんが企画の担当に関わっていたつながりで参加する機会をいただいたもの。土曜日の午前中の数時間を使ったこの企画のメインは国連職員の方の講演。そしてその後が「ニューヨークで働いている社会人との座談会」。私はこの座談会に加わる社会人4人のうちの一人として参加した。

学生は4グループに別れ、私達が15分づつ各グループと対談▷移動、を繰り返す。15分で今自分がやっていること、「グローバルな環境で働くということ」に関するメッセージ、質疑応答・・をこなすのはチャレンジングだったけれど良い「頭の運動」の時間となりました。
他の社会人の人達の話は直接聞けなかったのだけれど、最後に高校生達が付箋に記していった「心に残ったフレーズ、キーワード」を読みながらどういうメッセージが共有されていたのかを妄想。















4年目の「311」はNYにて

今年の3月11日は水曜日。ニューヨークでその日が日本にとってどういう日だったかを思っていた日本人以外の人は何人いたのだろう。

アメリカに住んでいる多くの人にとっては3月19日にリビア内戦に介入したことのほうがきっと印象に残っている、そんな月だったと思う。米英仏を中心とした多国籍軍がカダフィ政府軍への空爆を開始、そのニュースが紙面を飾り、東北の震災のニュースは紙面の中心から外れていったと当時を知る日本人の人は言っていた。

普段は米国外で起きていること(とはいっても主に自分達の関わっている南アジア、東西アフリカが中心)に比較的敏感な今の組織の同僚にとっても3月11日は普通の日だったようで日中オフィスで東北の事を聞かれることは一度もなかった。

Consortium for Japan Reliefの3年目イベント その日仕事が終わって向かったのはコロンビア大学教育学部(Teachers College)の一教室。Consortium for Japan Reliefという学生団体が主催していたイベントがあったから。2012年からこの時期に毎年イベントを企画主催していた彼らの三年目の今年のテーマは「Reimagining Japan Post-311」。主催者が友人だったのもあるけれど、スピーカーの一人が去年のイベントにいて、もう一度彼の話を聞きたかったからというのもある。

今年は昨年と違って三部作構成。
“Expanded Truth”: Preserving the Lives of Tohoku Through Film and Autobiography(3月11日)The Role of Social Entrepreneurship in Post-Disaster Recover Efforts(4月7日)Long-term Health Issues: Fukushima, A Case Study(4月21日) その第一回となる3月11日はJakeとPatriciaが登壇。最初のスピーカーのJake Price(フォトジャーナリスト)は昨年のイベントにも来ていたフォトジャーナリスト。またコロンビア大学の博士課程のPatriciaは(発表の途中で気付いたのだけれど)大学時代の先輩の親友で、一度東京で会った事のある人だった。Patriciaは会津若松市の学校の…

NYで流行り始めているワークアウト各種

イメージ
マンハッタン内には運動をする場所(ジムを含む)が至る所にある。スタバとネイルサロンと同じくらい、毎ブロックに一つほどあるのではないだろうかと最近思うようになってきた。パッと見てジムだと分かる場所はそれより少ないのだけれど、一見住宅、または倉庫に見えるような空間の中でヨガ教室が開かれていたり、バレイのエッセンスを交えたBarre Classが実施されていたりと「ワークアウト」「フィットネス」に関わる空間はいたるところに隠れている。

シリーズBで40億円調達したClasspassというNY発のスタートアップ(2015年1月15日付けTechcrunch)がNY発なのもなんとなく納得。
参考:Classpassはひと月99ドルのメンバー制フィットネスサービスを提供。メンバーは該当地域内にある複数のパートナー施設のクラスを自由に受講できる(個別にその施設の会員になるより低価格で体験出来るという仕組み、施設側には新規顧客確保と稼働率上昇という利点がある)。パートナー施設は2000以上、NYのみならず、LA、SF、シカゴ、ボストンなど20都市以上に展開。2013年創業。 そんな「ワークアウト」「フィットネス」にも「トレンド」というものがある。例えば食事で言えばちょっと前にKale Saladが凄い流行っていて、今は落ち着いてレギュラーメニューになっていたり。カップケーキはピークを過ぎたけれど、最近はマカロンが増えているね、といったように。最近良く聞くようになったのは「Barre(英語発音は普通に「バー」)Class」だった。


Barre(バレイに使われるバール)を使ったエクササイズ Gilt Cityで割安だったのをまとめ買いし、普段のジムとは別の、近所のBarre Classスタジオに昨日初チャレンジ。レッスンは1時間。あいにくの雨だったけれど、自宅から数ブロック。

毎日ラジオ体操をし、週末にジムに行っていても「筋トレ」ほぼ皆無な自分。予想通り今日起きたら筋肉痛。特に二の腕の上と背中とお尻。痛い・・・やっぱり色々な箇所をバランス良く鍛えていかないといけないのだな、としみじみ。どうりで元バレリーナの友達が筋肉だらけな訳だ。こういったトレーニングの積み重ねで出来上がっている身体なのだから、と自分との違いを噛み締める。

Barre Classっていつ頃から流行り始めたのだろう。…

社会人になってもうすぐ10年

イメージ
2015年は大学卒業から10年目の節目。
進路/就活相談という形で1vs1で会ってみた相手が自分より5歳、または10歳下ということも少しづつ増えて来た。自分の中では「ついこの間社会人になったばかり」と思っていてもしっかり時間は経っている。
で、ちょっと気になって自分が過去10年近くやってきたことをマッピングしてみた。3つの切り口で。一つ目は仕事内容、もう一つは所属組織について。そして最後は所在地ベース。
1. 仕事内容ベース 「OFF」は仕事と仕事の間でフラフラしてた期間。大連に行ってたり、プロジェクトベースの小さな活動をちょこっとしたり・・。 まだ証券会社時代の経験が自分の社会人人生の半分を占めている(個人的に正直驚き)人の学びや成長といったことに向き合ってきた期間も社会人人生の半分になってきた 2. 所属組織の形態ベース 大企業、スタートアップ、NPOと色々な組織形態に転々と自分の身を置いて来たこともあり、その切り口でもマッピング。


どんどん小さな組織に移っていっている、笑
最後に・・・
3. 所在地ベース ニューヨークに引越してきたのは2013年6月。

さて、次の10年はどういうものになっているでしょう。

アーモリー・アートウィークを満喫

イメージ
先週は年に一回の「アーモリー・ショー」。コンテンポラリーアートとモダンアートの大規模展示販売会である4日間のイベント。マンハッタンのミッドタウンの西側の川沿いの元倉庫スペースを貸し切って実施されていた。

毎年それに合わせてNY各地で「アーモリー・ウィーク」展示イベントが行われているもよう。その一つの「Japanese Contemporary Art - New City Art Fair」に日本にいる友人が出展するということで今回のことを知りました。それまではNYに引っ越してから1年半以上が経つというのに「アーモリー」は一度も聞いたことがなかったという・・・。

せっかくだから両方行こうと欲張って両方詰め込んだのが先週の土曜日。数時間歩き回っていたことが全然苦にならないくらい、すごく良い刺激をもらいました。やっぱり五感を刺激されるってとても気持ちいい。

まずはアーモリー。





そしてNew City Art Fair。こちらは日本らしい感じで、今年日本人アーティストの展示が今回ほとんどなかったアーモリーの後に行ったのでそこのコントラストも良かったです。

日本から展示のために渡米していたのは92artの作品達。この展示会ではブルックリン発で日本人アーティストの取り組みのcurationをされているSpoon & Tamagoという素敵な団体の存在も知りました。今後ちょくちょくチェックしたいところ。
ちなみにアーモリーについてはこれらの日本語記事が詳しいです。
英語はGoogle検索すればたくさんありました。
NY最大のアートの展示販売会「アーモリー・ショー」 The Armory Show 2015(ブログ「NYの遊び方」より)NY「アーモリー・アートウィーク」(「add7 あれもこれもNY」より)
アートって本当面白い。 Progressive art can assist people to learn not only about the objective forces at work in the society in which they live, but also about the intensely social character of their interior lives. Ultimately, it can propel peopl…

元受刑者の方々と起業と「ボランティア」と

元受刑者の方々を対象にしたNPOで「ボランティア」 今週の火曜日は全社一斉のコミュニティサービスデー。世界各地8カ所にある各拠点がそれぞれ選択したアクティビティに取り組んだ。90人ちょっとの組織の中でも一番大きな拠点のニューヨーク。30人ほどの我々は事前に選ばれた3つの活動に振り分けられた。

私が参加することになったのはDefy VenturesというNPOとの活動。元受刑者の方々が起業家になるまでの道のりをサポートするNPO。2010年に同NPOを創立したCatherineは元VC(ベンチャ-キャピタル)/PE(プライベートエクイティ)業界出身者。2004年にテキサスの刑務所を訪問した時の経験が転機のきっかけだったらしい(参照:Defy Ventures > Founding Story

Defy Venturesに通っている元受刑者の方々は昼間は仕事をしているのでプチ夜間ビジネススクールのようなイメージだろうか。とはいっても安定した再就職先につくのは元受刑者の方々にとって楽ではないので昼間の仕事も比較的ハードでとても忙しい。Defy Venturesに「入学」している人達はEIT - Entrepreneurs-in-trainingと呼ばれてる。Defy Ventureのワークショップを受け、コーチングを受け、たまに、今回の私達のような外部組織に属しているビジネスパーソンとつながる機会を得、そこからもインプットを得る。「ビジネスコンペの審査員やメンター、コーチ」といった形で様々な業界の様々な職位の人がDefy Venturesにボランティアとして関わっているもよう。

今回の活動は11人の現役のEIT+我々社員15人ほどで、1vs1でフィードバックセッションを回す、といったものだった。

事前に渡されていた資料には11人全員が提出した彼らのビジネスアイディア(かなり初期のものから既に事業化されているものまで様々)や彼らのざっくりとした職業経験/強み、受刑期間とその理由が記載されていた。

ちなみに少し調べてみたところ、アメリカには240万人の受刑者が刑務所に収監されているらしい。日本は約6万人。司法制度の厳罰化が進んだこともあるらしいけれど、結構多い。実際11人のうち殺人罪やレイプで捕まっていた人や横領/クレジットカードの偽造など様々。

この体験から学ん…

H1B申請To Do(昨年の自分の体験より)

毎年この時期H1Bビザをもらおうとしている人達にとってドキドキの時間。私の同僚で去年の私とほぼ同じ状態(国籍は違うけれど)の子がいて、彼女に共有した内容をここにも記載します。具体的にいつごろまでに何をした、どういう連絡が来たかの話です。

米国で、会社スポンサー付のビザ(H1Bビザ)に応募するときの話。留学生でOPTが終わりそうな人達向け。

H1B関連の流れ 以前エントリ-にも書きましたが近年状況が少し変わって来ています。4月1日に受け付けを開始するH1B応募プロセス。毎年85000人という上限に申込数が到達したら受け付けを〆切るのですが、この上限に到達するまでにかかった日数が過去2年はたったの営業日5日でした。ちなみに、そこには6,800件チリとシンガポールの国籍者に優先的に割り当てられる枠が含まれています。

上限の85,000人に到達するまでにかかった日数(営業日)ちなみに彼らのの「FY」は10月1日からはじまる1年です。
FY2011年:301日(翌年の1月末)FY2012年:236日(同じ年の11月末)FY2013年:68-72日(同じ年の6月半ば)FY2014年:5日(〆切時点での受付数約125,500、1.48倍)FY2015年:5日(〆切時点での受付数約172,500、2倍)
(過去のエントリ-:以前より大変になった?H1Bビザ) ということで、4月1日に出来る限り申込書類が届くように、と弁護士事務所&依頼している雇用主は動くのが理想です(とはいっても営業日5日の間であればチャンスは平等です)

私の場合の流れ(FY2015年枠、2014年4月1日申し込み)
2014年2月25日:担当弁護士から初メール
   2月28日:スカイプで会話、必要書類(後述)リストを弁護士からもらう
   3月1日〜24日:メールや電話で必要書類を全てそろえるためのやりとり
   3月31日:弁護士がFedex Overnight Deliveryで申込書送付
   4月半ば:郵送でForm I-797C, Notice of Action (Receipt Notice) 受領。
        そこにあH1Bの申し込み費用の$2,325 USD受領とある
        会社または弁護士事務所から払ったのかと思われる
       (自分は何もしていない)
4月21日:弁護士…