投稿

9月, 2018の投稿を表示しています

Instructional designer(教育設計・インストラクショナルデザインをする人)というキャリア

イメージ
社会人になってからの5年までの私のアイデンティティの一つは「(外資系)金融の人」だった。 そのあとの二年は「人材・人財育成の人」。そして「大学院で海外に行った人」(「日本の高校から海外の大学に留学した人」も)。 大学院を卒業してからは「ニューヨークにいる人」「元金融で教育学修士とった人」というラベルが追加された。

Acumenに入ってからの直近の5年には「NPO・ソーシャルセクターの人」「インパクト投資セクターの人」「海外で働く日本人(女性)」「オンラインコースデザイナー」「EdTechの人」が加わってきて。いつ、どのように人と出会ったかによって、その相手が私のどの部分を知っているかが結構違うようになってきたのがおもしろかったりもする。 (ある意味この古い昔話を思い出させられる)


とまあ、他人が自分に関するどの情報を手にしている&親近感を感じているかは色々あっていいのだけれど(全部が私という人間だし) 自分では、自分の職業面でのアイデンティティで一番濃いのは「Instructional designer」だな、と思っている。

日本語に変換すると「学びの場をデザインする人・教育設計する人」。learning experience designと言い換えることもできるけれど、これは「人材・人財育成の人」(talent development)に関わっている人です、というよりも職人色がやや濃くなると自分では思っている。

学びの場をデザインをする時に使うスキルは、①どういう「学びの場」なのか、②誰の為の「学びの場」なのか、のかけ合わせで色々なシーンで使うことができる。

そんな様々なシーンで、毎回最終ゴール(対象層に得てもらいたいもの、知的面・感情面の両側面において)のために創造性を駆使しながら場を創る仕組みを用意するのがinstructional designer。科学と芸術のバランスをうまく舵取りしながら場づくりする、という点や提供者としての経験とある程度の創造性が求められるのという点では「講師・ファシリテーター」とも似通うものが少なからずあるようにも思う。

私は結構飽きっぽいから、こうやって様々なシーン・チャレンジを体験できる仕組みになっているキャリアの道が向いている。(多分PR・広告代理店業界の人とか、書籍・雑誌の編集者とか、各種イベントコーディネータの人たちが…