「takk!」のリリース

ゴールドマン時代に一緒だった同世代の仲間たち。外資系金融に残っている人もいるものの、ポスト金融として結構変わった道に歩んだ人も多かったりします。ミクロネシア島の調査員として数年間派遣されていた人から、東京を離れて地元の家業を継いだ人、ヘルスケア系の起業をした人、人権問題に取組むNGOに行った人、エシカルファッションと呼ばれるジャンルの先駆者として組織を作った人、など、色々。もちろん人材育成・教育に進んだ私もちょっと変わり者。

そんな「変わり者仲間」の一人であり、かつ、私の唯一の同期女子仲間(株式調査部)である、櫻本真理。波乱万丈だった20代の半ばを一緒に駆け抜けた「戦友」仲間であり、今は共に "commit to something larger than ourselves"における同志という関係にある友達。

そんな彼女は今、3年以上前に始めたcotreeというオンラインカウンセリング(心の不調を専門家に気軽に相談できる「場所」の提供)のサービスを提供する会社を経営しています。

cotreeの新サービス、takk!

そんな彼女が今日こんな投稿をしてました。
https://note.mu/marisakura/n/n1b4b332e04d1
「新たに『takk!』というサービスをリリースすることになりました。takk!は『頼り合えるつながりを生む、頼みごとボックス』です。『こんなことできます』を発信して、頼みごとを受け取りやすくするサービスです。 
(中略)

『ありがとう』と言える・言ってもらえるつながり、人に頼れる安全な居場所、新しい出会いへのわくわく感。オンラインの『弱いつながり』から、そういう豊かなつながりが増えていくように、とつくられたのが『takk!』です。 
スキルを持っている人はもちろん、スキルを持っていない人も『頼みごとしてくれていいよ、話しかけてくれていいよ』を発信するために、使ってみてください。」

takk!に登録してみました

ということで私も登録してみました(ここ)。それぞれ「詳細を見る」をクリックすると中身が見れるようになっています。

https://takk.fun/tmkmtkw  
今までも、いわゆる「強いつながり」からの「頼まれごと」や「話しかけ」は経験している自分ですが、こういうサービスの登場で、彼女が言うような「弱いつながり」における豊かさがUPするのかどうか、また、自分が普段繋がっている人とは全く異なる世界の人とのserendipityが生まれるようになるのか、・・彼女の新サービスの行方を応援すると共に、ポスト資本市場的な文脈における新たな社会実験に参加する気持ちでちょっとワクワクします。誰でもすぐプロフィール(+「できることリスト」)が作れるので興味のある方はこちらから。

cotreeについて

そして、そもそも彼女がなぜcotreeを始めたか、cotree(https://cotree.jp/)はどういうことをしているかに興味がある方はsoarのこの記事(以下写真)やanotherlifeのこの記事を(リンク)ご参考にしてください。

http://soar-world.com/2016/06/03/cotree/ 


関連記事
4つのシゴトと4つのスキル
1月の上旬からの体調不良
人間関係への水やり
酸素マスク理論

コメント