投稿

「今のパートナーのどんなとこがいいの?」

イメージ
先週、ニューヨークのオフィスで一緒に働いていた同僚がデンマークに引っ越していった。パートナーの転職をきっかけに起きた今回の移動。彼女は今の会社との契約を正社員から契約・パートタイムに切り替えていった。

そんな彼女にランチの時に「今のパートナーのどんなとこがいいの?」といきなり聞かれた。そういえば久しくそんなことを聞かれたことない。

なかなか強烈な印象を残したこの問いをその後ふとした時に何度か考えてみた。今のパートナーのどういうところが自分にとって重要で・魅力的で今一緒にいる理由はなんだろう。

そして面白いことに、あの日をきっかけに複数の人に似たような質問をされることが続いた。だからいつか振り返る時用にここに記録しておこうと思う。

2018年12月時点で思っていることを。今のパートナーの評価ポイント。

ポイント① 成長志向、オープンなマインド、素直さ 冒頭に書いた同僚に言われて一番最初に思い浮かんだ単語はgrowth mindsetだった。言っていて彼女と一緒に笑ってしまったのだけれど(教育に関わっている人が言うと職業病っぽい)その後数日経ってからも、いや、これは重要な要素だ、と確信したので、これを一番に。growth mindsetとは「自分は変われる」という物事の捉え方で「自分はxxだからこれは無理」という考え方の逆にある。今のパートナーは自分とは全く違うスタイルで「成長」をするタイプ。今まで3年ほど彼の軌跡を見ているけれど、飽きない。これからもきっと私が想像もしてないような方法で、どっかへ向かっていくのではないかという期待もさせてくれる。頑張ってねと思う一方で私もボンヤリ停滞しないようにしなければと思わされる。

ポイント② 笑いの相性 些細なことでも笑いあえる、日々笑いが絶えない関係というのは大切な気がする。失敗を笑いに変えたり、落ち込んだ気持ちを明るくさせ合えたり、価値観や様々な違いを「そんなもんか、変なの、ぷっ」と相手の気持ちを傷つけずに笑い合えたりするための相性ってある気がする。あとは最近はユーモアというものはある程度の知性がないと持つことができない、とも思うようになり「笑いの相性」の裏には「似たレンジの知性レベル」みたいのもあるのかもしれないとも考えるように。

ポイント③ 人の痛みへの感度 何らかの理由で立場が相対的に不利な環境にいる人、陥って…

「ビッグ・オーとの出会い」- シェル・シルヴァスタインの絵本

イメージ
7月に同僚と元同僚の結婚式が行われたモントリオールに行きました。オリジナル感溢れる演出に凝った彼ららしいカッコいい自然体の結婚式(新婦がイベントデザインの専門であったのでそこはノーサプライズですが)。その時に牧師さんの代わりを務めた彼女たちの親友が朗読した絵本を今日は紹介。シェル・シルヴァスタインという絵本作家の作品の一つの「ビッグ・オーとの出会い」というお話です。
シェル・シルヴァスタインの絵本 まだ子供がいないので私は子供向けの絵本というジャンルにあまり詳しくありません。せいぜい記憶にあるのは自分が子供の時に読んだものくらい(「ごんぎつね」とか・・)。なのでシェル・シルヴァスタインという名を聞いても「はて・・」という感じでした。

知らない人だと思って結婚式後にwikipediaを見てみたら、どうやら「おおきな木」という話が日本は有名とのことでした。そして検索でヒットしたのが以下の動画でした。


どんな話なんだろう、とクラシック音楽に沿ったこの動画をフンフンとみていたら・・・な・ん・と、年初に行った西田幾太郎記念哲学館(石川県)のカフェで読んだ絵本ではないですか!作者の名前は頭に入っていなかったものの、しっかりと覚えていたこの話。哲学館に置いてあっただけあり、色々なことを考えさせられる、比較的深い物語になっています。

そのシェル・シルヴァスタインが書いた「ビッグ・オーとの出会い」がモントリオールでの結婚式で使われていたものです。
「ビッグ・オーとの出会い」 こちらの方も動画を共有します。最後までみると何故この話が結婚式に相応しい内容だったかがわかるかと思います。1976年に出版された素敵なお話です。



私の友人たちはこれをBrainpickingsのエントリーで知ったと言っていました。Brainpickingsは以前このブログでも紹介した素敵なサイトです。心の栄養剤となるような素敵なインプットにあふれています。この「ビッグ・オーとの出会い」が紹介されていた記事のタイトルは「The Missing Piece Meets the Big O: Shel Silverstein’s Sweet Allegory for the Simple Secret of Love and the Key to Nurturing Relationships」(2015/2/12…

アレルギー持ち乾燥アトピー肌〜ローション・クリーム編

イメージ
少し前に書いた「住環境設備編」の続きです。波乱万丈だった2018年の肌状態ですが、やっと落ち着くようになったのでその過程で学んだこと、色々。

辛い時も頼りになったもの 以下はどんなに肌が酷い状態でも頼りになったものたち。以下に記載した以外もProbiotics、Biotinといったサプリも少なからず役に立っていたのかもしれませんがとりあえず肌につける系のものたちをまとめました。
①メイク落とし Eau Thermale Avene Extremely Gentle Cleanser Lotion



②ボディシャンプー・シャンプー Aveeno BabyのCleansing Therapy

California BabyのEczema Shampoo & Bodywash



③痒み止めクリーム Vanicream 1% Hydrocortisone Anti-Itch Cream(青い普通のものはよく売っているのですがそれはNGでこの赤い模様が入っているものである必要あり)



④化粧水 Eau Thermale Avene Thermal Spring Water 保湿効果がある訳ではないのですが、肌に優しい。肌が元気な時は「たかが水」と思うのですが、肌に炎症があり何を塗っても辛い時に一番肌が喜んでいる感じがしたのはこういう優しい水でした。



(日本限定)アルマダスタイル M3.5とP4.3の電子トリートメント用の化粧水(アルマダスタイルサイト)Amazonなどにあるのは日数が経っている可能性があるのでできる限り取り扱いしている美容院で購入をオススメ

⑤保湿剤「鍼と漢方とアトピーinニューヨーク」のエントリーで紹介した鍼の先生がハーブ入りの軟膏(自然成分のみの配合)を処方してくれるのですがそれが結構オススメです。肌がボロボロになったあと、ケミカルピーリングを終えた後の人のように肌が生まれ変わる回復期があるのですが、その時はいかに肌がピンと張った状態で水分を欲していたとしても、保湿剤をグッと我慢して本来の肌が持つ自然の力が戻ってくるのを待つ必要があります。その時使える保湿剤はないのですが(気休めで化粧水を使ってもその後すぐ乾燥する)そこを超えたら保湿剤を少しづつ使い始めても大丈夫。

その時期にオススメはこの二つ。
Eucerin Soothing Atopi Con…

アマゾン第2本社のニュースが発表されて二週間

イメージ
先日triggerについてのエントリーで「パートナーがどういうことにtriggerされるかの理解が大事」と書いたのですが、早速自分のパートナーのtriggerを発見する出来事がありました。

きっかけはアマゾンの第二本社の一つがニューヨーク州のロングアイランドシティ(以下LIC)に決まったというニュース。中間選挙がひと段落した13日に正式に発表された一大ニュースでした。

それまでの1年ちょっと、全米(とカナダ)の230以上の都市がAmazonに対して「第二本社」の誘致活動をせっせと行なっていたのは知っていたのですが、NYTのスクープ記事が正式発表の数日前に出るまでまさかLICがその有力候補になっているなんて全く知らずに過ごしていました。

期待と不安が交錯するニューヨーカーの気持ち このニュースには今の所賛成・welcome派と反対・慎重派の両方の意見があります。この展開がtriggerとなりカッカしている私のパートナーは反対派ですがまず両方の意見はそれぞれどういう声があるかをまとめてみました。私がここ2週間で見聞きした中での印象をまとめてみると、以下のような感じです。

喜んでいる人たちは: マクロ経済的に物事を見ている人たち、直接的な影響を受けない人たち(でも間接的な恩恵を受けうる人たちを含む)例えばマンハッタン内に住んでいるVCで有名なFred Wilsonはブログで支持派意見を発信。 "That is the power of economic development. It is a virtuous circle. You invest, you grow, you produce economic returns, you invest, you grow. Rinse and repeat." - AVC "Economic Development" (Nov 14, 2018) マクロ的に見たら投資対効果はあるというロジック、それでもコメント欄に寄せられている色々な意見を見るとこのロジックを手放しで支持している人ばかりでないことが伝わってきます積極的な開発を支援している人たちの宣伝メッセージを信じている人たち(先日乗ったタクシーの運転手も「仕事もお店も増えるからいいことだ」と前向きでした)“This is a …

大量消費を煽るBlack Fridayの日を休業日にしたブランド

イメージ
今日はサンクスギビング翌日のBlack Friday。一週間以上前からメールボックスはBlack Friday関連のセール情報でいっぱい。近年は「実際のBlack Fridayの前のPre-SaleからBlack Fridayの数日後のCyber Mondayまで」と割引セールが実施されている期間が長くなっている印象です。

Black Friday当日はAmazonや各社販売店・メーカーのウェブサイトはもちろんblackfriday.comというものやbestblackfriday.comなど、消費を促す情報が無限に溢れていて、ニュース系のメディアでもBlack Fridayに関するものをたくさん目にします。

毎年この時期はセール情報にやや食傷気味になり、結局あまり買い物をしない私ですが、定価で買い物をするということや、「大量生産・大量消費の時代」ということを少し考えさせられる時期でもあります。

Noah そんな中Noahというファッションブランド(キャップを持っている)のホームページ https://noahny.com が印象的でした。彼らは今日という1日をオンラインでも、SOHOの店舗でも休業日にしていたのです。

代わりに彼らのホームページに行くと「手当たり次第にモノを買い続けるっていうのはどうか」というメッセージがあり、そのページ以外に行けないようになっていました。
"We are drowning in stuff. (中略)We are living in a time when over-consumption is actually contributing to the death and destruction of the world around us. It's also destroying our culture and the whole concept of personal style."  "How will we feel about our culture when we look back on this era? Will we be proud of the massive consumption? The abbreviated attention spans? The ele…

アレルギー持ち乾燥アトピー肌〜住環境整備編

イメージ
アレルギー診断で「dustmite(ダニ)アレルギー」と「猫アレルギー」がありますね、と言われたのが今年の7月。そして例年以上に湿度が高かった日々が続いたニューヨークの夏。そこからの湿度急降下。アレルギー発作によるアトピー悪化など、今年の後半は自分の住環境を大慌てで見直す必要性に迫られました。

やっと色々と落ち着いた今だからこそ、過去数カ月に買ったものを整理・振り返ってみようと思います。
①空気清浄機 Hamilton Beach TrueAir Compact Pet Air Purifier



Instagramの広告で流れてきた数万円台のMolekule社の新しい技術を使ったものなど、空気清浄機の選択肢の幅は広いのですが、ニューヨークを離れることになった友達から以前譲り受けたこの空気清浄機のフィルターを購入し、使い始めることに。
②ダニ対策のUV掃除機 Housmile Anti-Dust Mites UV Vacuum Cleaner



枕、ぬいぐるみ、布団用に購入。
③アレルギー源対策スプレー Allersearch ADMS Anti-Allergen Spray



ダニ・花粉・カビ・ペットのフケ&毛などに働きかけてくれるらしい。
④布団乾燥機 Panasonic futon dryer mat type Blue Silver FD-F06A7-A



日本に住んでいた時から愛用していたパナソニック製のもの、こちらのアマゾンだと割高であった上に100V-120Vの間の変圧器も買ったので比較的大きな出費に。日本だともっと安く手に入るのに・・。
⑤洗濯用洗剤 Allertech Laundry Detergent



AllerGuard Allergen Wash Laundry Detergent


アレルギー源対策用植物ベースの洗剤。
⑥加湿器 KOIOS Upgraded Top Fill Humidifier



ちょうどキャンペーンで割安になっててラッキーだったもの。早速部屋で使ってみたら部屋の湿度は36%・・・。できる限り60%になるように在宅中は電源を常にON。

今回買ったものは本当に効いているのかどうか(アレルギー防止に)わからないのですが、とりあえず布団乾燥機と加湿器の即効性は実感しています。もっと早めに買っておけばよかったです。


自分にとってのトリガー(trigger)を理解する

イメージ
今の私の仕事は社会起業家をはじめとする「リーダー」達向けの育成プログラムのデザイナー。「それってつまりどういうことをデザインしているの?」とよく聞かれるのですが、最終的に行き着くところは「(普段とても忙しくプレッシャーがいっぱいある人たちが)自己理解を深める場のデザイン」だと思っています。 自己理解を深める、を具体的に紐解くと、 自分はどういう考え方をする傾向があるのか、信じていることは何か、モチベーションの根源は、コミュニケーションスタイルは、それらはどのような奇跡を経て形成されたものなのか、そこにある前提は・・・といったもの。

普段やること・やりたいことに覆われている人たちが、こういうことにじっくり向きあう時間を取るのは難しい。でも難しいけれど大事、そういうことで私たちのプログラム(対象層は大体20代後半から40代前半の年齢層)ではそういうことのための時間・デザインを大切にしています。

なぜ大事か。自分のことにしっかり向き合うことができると、他者か得られる「リーダー」の多様な在り方やアプローチ、業界・歴史の先例からの学びを鑑として自分を振り返ることができる。自分にとって積極的に取り入れなければいけないなと感じるもの、取り入れたいなと思うものが見えてくる。そして、自分自身の体験からの学びの吸収率も高まってくる。もちろん、自分の癖を理解してそれを意識できるようになると日々の他者との関わり方を自ら変えるきっかけになったりもします。

ということで自己理解に必要な「心・頭脳の筋肉の鍛え方」を体験・練習してもらう場(一年)を作っているわけですが、今日はその一つのトピックである「自分のトリガー(trigger)を把握すること」について書いてみようと思います。
まずは英単語triggerそのものの意味英辞郎にあったトリガー(trigger)という英単語の意味を書き出してみました。そのうち、私たちがこの単語を使うときの意味に一番近いものは太字にしました。
他動詞 〔銃などの〕引き金を引く、発射させる《機械》〔機械や回路などを〕動作[始動]させる〔出来事や反応などを〕引き起こす、もたらす用例:Small event can trigger a big explosion. : ささいな出来事がきっかけで大爆発が起こる可能性がある。用例:What triggered your in…