投稿

4月, 2015の投稿を表示しています

Project Light(ルワンダ)のドキュメンタリーが良かった

イメージ
大学受験時、自分の第一志望学部は「心理学」でした。中高時代、単純に得意だからということで「理系」として履修科目を選択してましたが、アメリカの大学の受験プロセスには理系も文系も違いがなかったので、せっかくなら興味があるところに受験しよう、そんな感じでした。

受からなかったら一年日本で浪人すればいいや、という気持ちでアメリカの大学9校にとりあえず出願した時、8校は心理学部志望として出願しました。

そのくらい「人のココロとか行動」には興味があって、二年前に教育学修士を取得したばかりの今の段階でも、次に学ぶなら「心理学」「社会学」「経済心理学」「人類文化学」らへんかな、と考えるくらい。

そんな自分に最近結構大きなインパクトを与えたドキュメンタリー。3月の半ばに開催されていたNY平和映画祭(NY Peace Film Festival)というイベントで観た一時間の作品。題名は「Project Light: From Rwada to Newtown」(ココから鑑賞できます)。あの作品から得た衝撃や刺激は今でもたまに考えます。今の仕事に近いようで、重なってない。目指す世界は同じだけれどアプローチと対象層が違う、そういう取り組みだから尚更気になるのかもしれません。(あとはドキュメンタリーについて社内で共有したらCEOに逆に、どういうことが私達はできると思う?と長期の宿題をもらったからというのもあります)

人は他人と関わり合い、他人に何かを与える(または何らかのポジティブな影響を及ぼす)ことで癒されたり強くなっていくことがあるんだということを改めて考えるきっかけとなった映画でした。

一つ前に書いた「10のポジティブ感情」とのつながりについても考えさせられました。PTSDで声が出なくなってしまったり、鬱々とした日々を過ごしているような子達と、彼らが希望を抱くようになるまでの軌跡。

前回のエントリ-の中で「希望(hope)」に関して引用したもの:

「ほかのポジティブ感情が、安全で満たされた状態で生じるのに対し、希望は例外です。すべて思い通りに運んでいれば、希望を感じることはあまりありません。希望は状況が非常に悪いとき、ものごとがうまくいかないとき、結果が非常に不確定であるときに生じます。絶望や失望を感じてもよさそうな状況で現れます」「希望の感情の核心には『状況は変わり得る』という信念が…

「10のポジティブ感情」って

イメージ
ちょっと前に読んでいた「ポジティブな人だけがうまくいく 3:1の法則」(バーバラ・フレドリクソン著)の一カ所を一度整理したく、久々のエントリ-。
この本は原作の英文タイトル(「Positivity: Top-Notch Research Reveals the Upward Spiral That Will Change Your Life」)と邦訳版のタイトルに違いがあるので誤解されやすいのではと思うのだけれど「監修によせて」の内容が参考になる。そこに書かれていることがこの本の方向性を示してくれている。 「人間の脳に不意に浮かび上がる気分(フィーリング)に無価値なものはひとつもない。すべてが重要な役割を持っている。暗さ、寂しさ、怒り、このようなネガティブな気分は、そのときのその人によって、とても必要だからわいてくるのである。「暗さ」は自己洞察をあえて狭めることで考えを深めてくれる。「寂しさ」は脳の活動を停止させ、心を休めてくれる。「怒り」は心の中の深い感情を、知らせてくれる。そんな脳のシグナルを無視して、やたらに「ポジティブが一番!」と大声で笑い合い、心の奥の対峙せずに自己をもみ消す毎日。フレドリクソン氏も強調しているが、それはジワジワと心身を蝕み、病理へとつながっていく危険な生き方である」  確かに、自分の人生を振り返っても「あの時のあの事は今の自分のためになっているな」と思う時期って「ネガティブ」にはまった状態であったことが多かったりする。

と、ネガティブな感情の存在やその意義を認めた上で、著者は「ポジティビティ(ポジティブの感情)」が人の発達にどうつながっているか、その人のその後の人生の可能性にどのような影響を与えうるか、ということを書いている。また、うまくいっている個人/夫婦/チーム内での「ポジティブ:ネガティブ」の黄金平均比率が3:1であるという研究結果とか(注目:ネガティブがゼロでない)・・。正直カバーされているものが広く、内容も濃くて、一回さらっと読んだだけだと全てを頭の中で整理することは出来なかった。

とりあえず、彼女が指している「ポジティブな感情」とは、という定義の部分が印象的だったのでそこだけ。こういう感情を抱く瞬間が彼女のいっている「ポジティビティ」貯金増になるのだな、というように。


「10のポジティブ感情」(P72〜)

喜び Joy
補足「安全…