投稿

1月, 2014の投稿を表示しています

新しいものを創る時の割り切り

このブログで何度か書いていたNovoEdという比較的新しいMOOCプラットフォームでコースを提供側にいるのですが、そこで感じたことをちょっと書いてみます。

そもそも私はグロービスで、業界において稀な(と聞いていた)「品質保証制度」というものが適用されているサービス(=学びの場づくり)を提供する仕事をしていて、その前は「リスクヘッジ」という業界用語が頻繁に使われている証券会社で仕事をしていた人間です。不確定要素(特にダウンサイドの)は相応しくないもの、避けたいものという考えが染み付いていて。どうやったら考えうるシナリオを全て想定し、ダウンサイドに対応してから行動するか、といった思考を鍛えられながらの社会人生活を過ごしていました。(参考:2003年7月のリリース「グロービス、企業向け研修業界初となる「品質保証制度」を開始」)

そんなマインドセットの人間だったので、一昨年関わることとなったMIT Media Labの「まずはとにかくやってみよう」的なScratchのプロジェクトとか、「走りながら壁にぶつかったら考えよう」的なAcumen(当時はAcumen Fund、チャプターメンバーとしての出会い)との出会いには少なからずのショックを受けました。きっとこの二つの出会いが無かったらガチンコ「ベンチャ-企業」であるQuipperには適応することすら難しかったとまで思っているほど。(それでも、こっち側の中でも相当risk averseで保守的な方の人間ですが)

自分がコントロールできないものがある、それでもいいや、やってみようという気持ちになる、って簡単そうで、実は難しく。MIT, Acumen, Quipper的な世界の中では当たり前ふつーのことなのに、当初自分は「頭で分かっていても心が条件反射を起こす」状態にありました。

Acumenのアドバイザーの一人であるSeth Godinが「If you are not embarrassed with your first project, you waited too long」と言っており、それをマントラのように唱えているマネージャーの元でプロジェクトを昨年進める中で、何度その自分の心の条件反射を意識するようになったことか・・・。

今回のMOOCのプラットフォーム活用も初挑戦。そもそもチームに特殊なノウハウが揃っている訳で…

10年+前の自分との再会

イメージ
学生時代の仲間は自分の大切なものを思い出させてくれる存在 早いもので大学院を卒業してから8ヶ月が経とうとしています。

当たり前ですが、学生時代に比べて忙しいです。リフレクションの時間も減りました。日々やらなくてはいけないこと、短期的に見えていてやりたいこと、そんなことで一日、一週間、一ヶ月が本当にあっという間です。

実は1月は5日半ほど東京に居たのですが、そんな超短期一時帰国もあっという間。先週水曜夜には戻り、また普通に仕事の日々です。2014年の最初の1ヶ月に成し遂げられたことは何かな、そんなことを考えました。

そんな時、土曜にHGSE時代の同級生と再会しました。たった2時間弱でしたが、お互い大学院生活時代の気持ちを思い出し、エネルギーをチャージし合うには十分で、あの密度濃かった大学院生活の意味というものを改めて考えさせられました。

目の前の事で頭の中がいっぱいになり、昔真剣に向き合っていたこと考えていたことがちょっと埋もれてしまうというのはよくあること。それでも自分が時間をかけて真剣に考えたことや強く抱いて来た感情って、忘れているようだけれど、なんかのきっかけでふっと蘇ってくるんだ・・そんなことを2006年から触っていなかった外付けHDDに保存されていたファイルを発見したことでも思い出しました。

2003年当時の自分が書いていたこと そのファイルは「Application Essay to Human Ecology」日付は2003年の4月。自分の大学2年生の春学期の終わりの頃。理系の学科にいた自分が、デザインxビジネス系の学科への大学内の転籍を希望した際に提出したエッセイでした。(DEA [Design Environmental and Analysis]プログラム

正直このファイルを開くまで、こんなことを書いたことすら覚えていなかった私ですが、読んでみて当時の気持ちを思い出しました。英語の幼稚さに苦笑するところもありましたが、「確かに自分はこういう気持ちだった」と自分のルーツ?を再確認することができ、その当時のアウトプットがこのような形で少しも失われずに保存されていることに小さな感動を覚えました。

全部で4つの問いがあるのですが、そのうちの一つがなぜ既存の学科から新しい学科へ行きたいのか、というもの。

「I realized my interest wa…

2013年の振り返り+2014年に向けて(書籍編)

イメージ
立て続けに書籍系のインプット(記事)があったので、例のごとく「将来の自分用のブログ」に記録しておこうと思ってエントリ-にまとめようと思います。

自分は自分で恥ずかしいと思うくらいノンフィクションの書籍を完読することが苦手な人間です。原因は単純に集中力がない、まとめた時間を取る意志力が弱いという二つなのですが。(逆にフィクションだと一度始めると他のことがまったく手につかなくなる)今年も完読した本が数えるくらいしかないという、教育に関わる人間として、一人の社会人として残念な1年を過ごしてしまいました。
昨年の今頃「冬休み前に注目日本語書籍のまとめ買い♩」というエントリ-で8冊購入していましたが、冬休みどころか2013年の中頃までかけてそのうちの4冊を読んだという、ダメ人間です。

今回は、そんなダメ人間ではありますが、 ・2013年に読んで良かった!と思ったオススメのもの ・今の段階で注目してて買おう/読もうと思っているもの ・最近得た外部ソースの「2013年注目書籍リスト」 を書こうと思います。 フィクションは省略しています(2014年はもっと小説を読むことを目標にするつもり)

NovoEdコースの紹介+言語系オンラインラーニングサービス一覧

イメージ
ちょっと前にFacebook上でも書いたことですが、Facebookの個人のステータスアップデートの平均到達率は16%以下という話もあるようですので、ここでもう一度書いてみることにしました。(12月9日のSocial Company上の関連記事

NovoEdのコースの紹介、登録締切は1月14日 以下は自分が12月17日に個人のWallに投稿した内容:
【宣伝】最近JMOOCとかもあって日本で話題になっているMOOC(大規模オープン公開コース)ですが、スタンフォード発で(何故か日本であまり知られていない)NovoEdというグループラーニングを重視したMOOCプラットフォームがあります。 今回+Acumenは過去1年提供していた無料コースをNovoEdでも試してみることにしました。コース名は「Storytelling for Change」ストーリーテリングっていうとTEDなどを想像される方もいるかもしれませんが、自分がpassionを持っている対象(仕事でも、ボランティア活動でも、趣味でも、信念でも、抱負でも)について人に伝える力って情報が氾濫するこれからもっと大切になるかなー、と。そして、伝えたいと思う相手が一人でも数百人でも事前に構成を考えたり何度も練習をする重要性は同じではないかと。 一人で登録してプラットフォーム上で世界中にいる他の受講生と仲間になり英語でコースを進めるのも良し、日本の仲間(NPO運営仲間同士とか単なる勉強仲間同士とか職場の仲間同士とか)と一緒に受講を決めるのも良し。 教材は英語で配布されますが、実際の対面/オンラインでやるグループラーニングは仲間次第で日本語/英語で進めることができます。 興味がある人はTokyo+Acumen/アキュメン東京チャプターのページを見ていただくか、私まで個別にDMお願いします。(こちらから登録もできます) Enjoy learning!1月15日から始まるコースです。 参考:「心を揺さぶり、信頼を感じさせる、ストーリーの語り方 - 今、求められるビジネスパーソンのスピーチ力」2013年12月17日 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビューhttp://www.dhbr.net/articles/-/2302
自分が初めてNovoEdのことを聞いたのはいつだったか忘れてしまいましたが、まだまだ世界的にも認知…

2013年はMOOCにとって面白い年でした

イメージ
盛り上がり一辺倒だった2012年。色々な意見と動きが出て来た2013年 日本でもMOOCの話題が増えてきたなぁ、と感じた2013年。アメリカでは2012年に異常なブームが来た後の、「想定通り来たね」って感じの次のフェーズに入ったMOOCでした。

MOOCに関してはいくつかバラバラとエントリ-を書いていましたが(最後にリストしました)それとは別に、3月のResnick教授のMOOCのエントリ-に入れていたSXSWedu 2013の動画「MOOCS Hype or Hope?」の3分動画を再掲します。


色々なメディアが今年の教育業界の振り返りを発信していますが、自分が一番気になったのはHack Educationの恒例の「2013年のEd-Tech Trends」のトップ10の記事でした。広告などを一切載せない、内容もとても充実しているメディアです。その今年のTop10の4つ目にあったのが「MOOCs and Anti-MOOCs」というエントリ-。そのタイトルが今年の一年をMOOC的によく表していると感じた年でありました。
EdXに夏に就職した友人とも先日話していたのですが、2013年はMOOCのことを初めて知った人が世界中に増えた年でもあったと同時に、2012年に盛り上がっていた人達が一旦クールダウンした年(NYTの12月11日の記事とか分かりやすいトーンです「After Setbacks, Online Courses Are Rethought」)、最初のプロトタイプのフィードバックや結果が手元に戻ってきたのでそれを元に改善バージョンを前に進めた人達が出て来た年(Education Newsの12月17日の記事「MOOCs Learning From, Adapting To Early Struggles」)、EdXやCourseraなど以外のMOOCプレーヤー/オンラインの学びを提供するプラットフォーム屋が大量に台頭してきた年だと感じています。
絶対数としてはおそらく「初めてMOOCというものを知った人」のほうが多かったのでしょうが、2012年から見てた自分としては「どんどん多様になってきたな」という少しづつワクワクを感じられるような1年でした。(むしろ天の邪鬼な自分は2012年のMOOCブームの時はやや冷ややかに見てた部分もありました)
MOOCという…

他人に対して意見を伝える/オピニオンを持つ前に

イメージ
「The hard work of understanding」 私の好きなブログの一つ、Seth Godinの数日前のエントリーのタイトルが「The hard work of understanding」でした。短いエントリ-ですが、相手を「understand」するには努力が必要だ、といった内容です。

私達は何故、相手を「understand」しようとする前にオピニオン(意見)を持つことを急ぐのでしょう。何故書かれていること全てを読む前に書き手の意図を解釈しようとするのでしょう。何故顧客やステークホルダーと直接関わり合う前に相手のニーズを決めつけようとするのでしょう・・。そんな内容のエントリ-です。

このエントリ-を見て思ったのは私達が誰でも大人になるにつれて身につけていく「とあるスキル」のこと。

そのスキルとは、過去私達が見聞きしたことや体験したことを自分の中にパターン化しながら吸収し、新しい情報に触れる度にそのパターンに紐づけながらスピーディーに解釈していく力。

自分の知っている事、自分の信じている事、自分がこうあってほしいと感じている事に自分の目の前に現れた情報を無理矢理引っ張ってしまうことすらできる力。

意識的であろうがなかろうが、私達は本能的にこのような力を知らず知らずのうちに習得しているという事を意識させられたSethのエントリー。

また、その「本能の波」に飲まれないようにするには意識的な「hard work」が必要なのだという事を考えさせられたエントリ-でした。


他人に意見を言う前に考えたい二つの事 特に問題なのは、この「限られた情報」を元に自分の過去からの知見をベースに判断を下す習慣を「人」に向けてしまう時だと感じます。「hard work」をすっ飛ばして本能に任せてしまう時。自分も昔は今以上にやっていたので当時の自分に対する自戒を含めてですが、この行為にあると考える二つの問題点をまとめます。

まず一つ目は「人間というものがどれだけ複雑であるか」ということへの配慮が欠けているという点。もう一つは「他人に何らかの判断を下す」という行動がhumilityに欠けているという点、です。
①人間は複雑、という話 以前リーダー育成のアセスメントを手がけるLectica社のツールの話をブログに書きました。彼らの提供しているツールの特徴の一つは「人の能力はco…

子どもをバイリンガルに育てる、の話

イメージ
Economist誌の記事が面白かった 最近たまたま読んだちょっと前のThe Economist誌の記事「Multilingualism Johnson: Bringing up baby bilingual」(2013/10/29)が面白かったのと、たまに良く聞かれるテーマなのでここにまとめておこうと思います。

この記事ではJohnsonという18ヶ月の子どもの話が出てきます。このJohnson君は家で英語と デンマーク語、そして保育園でドイツ語と毎日三言語環境で育てられています。

彼のような複数言語環境で育てられた子ども達。一般的にこの子達は:
①最初の頃は各言語をごっちゃにしてしまう傾向がある ②その一方で3-4歳くらいになるとこの問題はすぐに解消され、しっかりと話す言語を相手によって使い分けることができる、といった特徴があると記事は指摘します。

Economist誌は「Many parents once believed that a second language was a bad idea, as it would interfere with developing the first and more important one. But such beliefs are woefully out of date today」とスッパリ。

このように述べている根拠(関連研究)も紹介されています。例えば「一言語環境で育った子ども vs 複数言語環境で育った子ども」において前者でないと母国語能力に悪影響がある、という根拠は存在しない、というものや、「複数言語環境で育てられた子どもは一言語環境で育てられた子より"executive "スキル (※)” が優れてる」といった話。

※ここで詳しくは触れませんが、early childhood educationの文脈このexecutive functionという単語は頻出ワードです。人によって定義がばらついていることが政策関係者や教育関係者の間ではまだ問題になっていますが今後もっと聞くようになると思います。 (ハーバードのCenter on the Developing ChildのFOIカンファレンスのお手伝い経験より) http://developingchild.harvard.edu/re…

2014年の漢字一文字

イメージ
私のfamilyは一年の始まりにその年の抱負を漢字一文字で表して共有し合う習慣があります。(昨年のエントリ-はこちら)とはいえ、抱負として挙げた漢字と実際の1年を振り返って感じる一文字はやはりちょっと違いました。

2013年は「力」じゃなくて「放」だった 私の2013年は「力」(体力、気力、胆力)だったのですが、振り返ってみるとあの1年は「放」だった気がします。開放、放出、放浪、笑。「放が付く熟語一覧」には放言(勝手気ままに言う)、放志(志にまかす)、放縦(ほしいままにする)、放心(心をはなつ)、放逐(追い払う)、放念(念いをはなつ)、放牧などがありました。どれも心当たりがなくもない。
と良く聞こえないこともない「放」ですが何事も表裏一体なのがこの世の中です。上記の熟語のネガティブ面をあえてピックアップしてみると「勝手気まま」「しまりがない」「いい加減でしまりがない」「うわついた心」「言いたい放題」・・・・・こちらも心当たりがなくもないという事実。そんな振り返りを踏まえた上で今年の漢字です。

2014年の漢字 2014年の父の漢字は「輪」
(「チームワークの輪、自分が大きく成長するための輪、弱い所を伸ばして円やかな円環にする輪」とのこと)
2014年の母の漢字は「進」
(「進化の進、意識を進化させる年をめざす」とのこと)
2014年の妹の漢字は「歩」
(「スタートして歩き始める年になればいいと思って」とのこと)
2014年の私の漢字は「律」


2013年の反動もあるのかもしれませんが、やっぱり毎日の積み重ねの大切さを年を重ねるごとに感じます。自分は自分のしてきたことの積み重ね以上にはなれないのだ、ということ。焦ってもしょうがないで、少しづつ変えれる(またはより良くできる)ところから一歩づつ。

最近思い出すことが多いのはマザーテレサの以下の言葉。
思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。
                 - マザー・テレサ
昨年「こつこつと『力』を鍛えたい」といったことが達成できていないという事実は既に消せず、昨年目指していたものを実践するには…