投稿

12月, 2013の投稿を表示しています

2013年の振り返り(出来事編)

イメージ
Facebookの自分新聞のポストが盛んな時期になりました。日本と年末年始の勝手が異なるこの国ではあまりゆっくり節目の時を迎えられなさそうな気がしている今日このごろです。
30日も31日もやらないといけないことがまだあり、唯一の公式な祝日である元旦も夜の9時半にインド(は2日の朝8時)とテレカンです・・。さすがに31日のnew years party時の夜18時からの15時間くらいは全く仕事のことを忘れるつもりなので、その前にいろいろ終わらせなきゃとソワソワした感じの2013年の最後の数日。

と、こんな感じでしっかりと振り返り用のまとまった時間が取れなさそうなので、細切れにブログで整理中。前回は書籍編でした。読書は2014年もっと時間配分を増やそうと思ってることですが、やはり自分は実際に体験したり、人と直接関わり合って感じたりするものから学ぶことのほうが覚えている人間なので、今回はそっち系の振り返りです。


「大学院二年目」が始まった2013年 2012年は大学院願書提出で1年が始まり、留学決定、渡米までのたくさんの思い出作り、そして留学生自分中心の話が多かった1年でした(「2012年ありがとう!」)、2013年は色々なプロジェクトの一部に参加させてもらったことや、新しいことに足を踏み入れたことにより見えて来た鮮やかな新しい世界達が印象的でした。

大学院を卒業した後、1年間与えられるOPT枠をめいっぱい活用してアメリカに残ろうという決断をしました。そのときに、その1年は自分にとっての大学院の二年目的な位置づけとして、収入やsustainabilityは深く考えない1年の過ごし方をしよう、、と決めました。そうなってからの2013年6月からの半年、大方その希望とおりになったのではないかな、と中間時点の現時点では感じています。

もちろん記憶にあまり残らない程度の辛かったことや悲しかったこともあったのかもしれませんが、幸い自分に都合が悪い思い出は忘れやすい自分なので、年末の振り返りは大体がポジティブに偏る傾向があります。今年も比較的平和で健康な一年を過ごせて感謝の気持ちでいっぱいです。

今年の前半はまだ大学院生でした。一月
振り返りの初っ端ですが、年初に入院生活をずっと続けていた母方の祖母が母の誕生日当日に永眠しました。母方の祖父、祖母の二人は両親の次に自分に大きな影響を…

Mechanized Intelligenceの時代に一層大事になるタイプの人間

イメージ
Mechanized intelligenceの時代の将来を予測している本先日2013年に読んで良かった本&2014年に読んでみようと思っている本リストをエントリ-に書きましたが、そこに入れなかったけれどもちょっと気になった本が経済学者Tyler Cowen(タイラー・コーエン)による「Average is Over - Powering America Beyond the Age of the Great Stagnation」。2011年の彼の著書「大停滞」の続編的な位置づけのようです。





既に始まりつつある「Mechanized (機械化された)intelligence(知能)の時代」における人間の生き方について書かれた本で、格差が更に今後広がっていくといった、やや悲観的で、ある種極端な将来予測が提示されている様子。色々とControversialな内容のようですが、未来に対する考え方の一つの参考になりそうな本です。

(参考:この本はJB Pressが9月後半に邦訳していたThe Economistの記事「アメリカンドリームの死  社会的流動性が失われる米国」でも取り上げられていました。主にアメリカの政治に関する記事ですが元記事は「The American Dream, RIP ? An economist asks provocative questions about the future of social mobility」


その本をきっかけに書かれたNYTのコラムこのアメリカという国におけるSocial mobility(貧しい家庭に生まれた人が経済的に豊かになれるかの社会における流動性)が従来比失われ始めてるかもという話は以前格差をテーマに書いたときに少し触れましたが、今回はそれがメインでなく、この本の描く世界に関してDavid BrooksがNew York Times誌のコラムに書いていた「Thinking for Future」について。
コーエンが描いているという「Mechanical Intelligence」の時代。このような世界で世の中の流れと共存し、そのような変化の中でも生き延び/成功するために重要な9つのタイプの考え方をBrooks氏は簡潔に紹介しています。
David Brooksが「mental type」という単語を使っていた…

Living in Peaceの対談ブログ(慎さん&乙武さん)

とても素敵な記事があったのでTwitterでつぶやく or Facebookで投稿する、だけじゃいつか流れてしまいもったいない気がしたのでブログに書くことにしました。

その記事はNPO法人Living in Peaceが発信している代表の慎さんが慎さんの「今会いたい人」と「これからの働き方・子どもの未来」について語るシリーズ。
既にTFJ (TFJ)の松田さん(前編後編)やライフネット社の岩瀬さん(前編後編)との対談記事が掲載されていますが、三人目は乙武さん。11月23日の時点で前編分が読めるようになっています。


HGSE(ハーバード教育学大学院)受験プロセス

イメージ
12月は色々と忙しくなる時期です。アメリカの大学院留学の準備をしている人は特に。最近自分が今年卒業したHGSE受験関連で相談事を受けることがあったので、改めて一度整理してみようかな、と思いここに記します。

ちなみにMBA留学を考えている方、または学部での留学を考えている方、アメリカ以外の国を考えている方はきっとそれぞれプロセスが違うのでこれはそこまで参考にならないかもしれません。(私は日本の高校を卒業した後にアメリカの学部の留学も経験しているのですが、情報のavailabilityが2000年当時とあまりにも変わっているので、当時の体験についてはコンタクトいただいた方に別途共有します)

さて、二年前の今(12月半ば〜後半)コンサルとして働きながら、一ヶ月以内にせまった大学院出願書類の最終準備にバタバタしてました。当時私はアメリカの3つの大学院の教育学部修士課程への出願を予定していました。
その三校とも出願締切は1月の第一週。いつものように追い込まれないと集中できない私は結局全ての出願を締切日の当日、締切の数時間前に「Submit」ボタンを押した人間です。
このエントリ-では簡単に ・時系列で何を準備したか ・特に何を調査/準備したか ・これをすれば良かった を共有します。
大学院受験は自分の今までの人生の振り返りや自分の現状、これから行こうとしていることに向き合わざるを得ない、「半強制的なリフレクションの時間」なので、プロセスそのものから得る学びも多いひとときです。ただ、その最中は仕事やプライベートや自分の怠け心を含むその他の誘惑との闘い、答えのないものに向き合い続けるという体験が絡んでくるので結構辛くもなる時期です。

留学中に出会った同世代のパワフルな発信力(更新)

イメージ
最近周囲で発信モードがONになっている仲間が増えた気がします。2013年の秋は皆「発信の秋」なのかもしれません。

一般的に言われていることなのか、たまたま私の周囲にそう感じる人が多いのか分からないのですが、よく「海外留学すると面白い日本人とたくさん出会える」と聞きます。これ、私も過去1年ちょっとの海外生活で痛感する機会が多くありました。もちろん東京もそういう出会いが多い方ですが、国の外にいると出会いの密度がとても濃い気がしています。

「日本人」というラベルでくくることの意味が段々と薄れてきているとは感じつつ、やはり日本語をしゃべり、日本という特殊な国の中で育ちいろいろ作法/価値観のベースを共有してきた仲間達に対してはある種の親近感を抱かずにいられないのも事実です。(ということでここでいう「日本人」は厳密な国籍というよりは慣習的な意味合いを指しています)

で、過去1年の間にボストンで出会った日本人友人達による直近の発信物をこの機にまとめてみました。皆それぞれ個性/スタイル/軸があり、内容もそれぞれの歩んでいる道の色濃いものとなっていてとても興味深いです。こういうのを読むと私ももう少し引き締まった発信をできるようになりたいなぁと思わされます。

Please enjoy★


「伝えたいメッセージを文章にする」実験

イメージ
「伝えたいメッセージを文章にする」実験参加 先日いつものようにRSSフィードをみていたら、Chikirinさんのエントリ-「伝えたいメッセージを文章にする」がありました。元々私のブログは自分のメモ帳的な存在から始まった事もあり、「伝えたいメッセージ」が凝縮されたエントリ-を書く事が苦手です。

ということで、面白い実験だと思ったので参加してみる事にしました。その実験とは、



としたらどうブログを書くか、という課題。さて書いてみようと思います。迷ったのですが、一応今日本にいるという設定にしてみます(ご存知の方も多いように本当はニューヨークにいます)


経済格差、学力格差、情報格差・・・「察知力」

イメージ
クリスマスシーズンに向けて「ホームアローン」の連続放映がされているマンハッタンです。一個前のブログを書いて久しぶりにブログ書く楽しさを思い出してしまい、仕事の続きは明日に持ち越しです。今日はタイトルに書いた3つの種類の格差について最近得たインプットがたくさんあったので、整理してみました。こういうcuration的なエントリ-はso whatが微妙になるので、FYI的なものとしてさらっと流していただいて、何か一つでも参考になれば幸いです。

今回初めてWikipediaで「格差」という単語を調べてみたのですが、自分が書こうと思って意識していた「所得格差・賃金格差」「教育格差・学力格差」「情報格差」の他に「健康格差」「医療格差」「世代間格差」「恋愛格差」「一票の格差」なんてカテゴリーもありました。

そもそもこのエントリ-を書こうと思うまで深く意識したことがなかったのですが、英語で格差に相当する「gap」「difference」「disparity」という名詞そのもには日本の「格差」に相当するような強いニュアンスが存在しません。widening gapとかunaccesptable level of disparityとか修飾された言葉に初めてイメージがつくような気すらします。また「不平等」は「inequality」、「不公平」は「unfairness」。英語で反対の言葉を考えると「not different」「equal」「fair」なんとなく伝わってくる印象がやはり「格差」だけなんか違う気もします。言葉って深いですね、ちょっと今度ゆっくり調べてみたいです。

さて、その「格差」。
今回はここ1〜2週間で見聞きした「格差」トピックをまとめます。

WORLD ORDERと桐朋女子体育祭と。

イメージ
2013年も終わりに近づいていますが、今年最悪の風邪に見舞われています。そんな中自分を元気づけてくれているWORLD ORDER(須藤元気さん)についてちょっと書いてみようかと思い「体調不良なんだったら休め」と怒られそうな気もしながらのブログ更新です。

Lectica社の発達測定ツールと大人の発達心理

Outbound型ブログを通じた出会い with 加藤さん  ブログを書いていると様々な出会いがあったりします。でも、それは多くの場合(というかほとんどは)読んでくれる人から私へ、という形のinbound的なものとなります。多分今迄、唯一outbound的な出会い方をしたのが加藤さんでした。

もともと非常に忘れっぽい自分のメモ代わりに始めたこのブログ。今でもたまに昔のエントリを読み直して「こんなこと書いてたんだ、へー」と自分で思うこともしょっちゅう。本当にこの物忘れの激しさは問題だと思うくらいです。

そんな「記憶喪失に陥る未来の自分」のためのこのブログ。せっかくなら、と未来の自分がありがたく思うように、とエントリ-を書く時になるべく情報源を明示することを意識しています。自分は実は良く分かっていないのに、感覚的に分かったふりをして前に進むことがある人間です。「聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥」じゃないですが、文章に残ってしまうなら数十秒かけてGoogleで確認しよう、そんなことを意識しながらブログを書いていました。
加藤さんのブログに出会ったのもそんな「数十秒かけてGoogleで確認」中の時。「ハーバード」「教育学大学院」「キーガン」「教授」みたいな組み合わせで検索した時に加藤さんのこちらのブログに出会いました。