投稿

10月, 2014の投稿を表示しています

「女子高生の裏社会 -『関係性の貧困』に生きる少女たち」を読んで

Twitterでいつか流れてきてKindle版を購入していたこの本を数日前に読み終えました。一気に読めばきっと数時間で読めるタイプの本だと思う、おススメの一冊です。身近にこういうことを感じる機会がなかった人にとっては具体的なエピソードに触れる良い一冊となっていると思いました。こういうことが日本のどこかで起きているということを少しでも考えるきっかけを提供してくれます。

本のカバーの帯には
「うちの孫がそんなことをするはずがない」
「うちの子には関係ない」
「うちの生徒は大丈夫」
「うちの地域は安全だ」
—そう思っている大人にこそ読んでほしい
と書いてあります。

でも読み終えてみて、そう思ってもらえる大人に囲まれている子どもはまだ幸せな方なのだろうなとも思ったりもさせられます。もちろん「子供のために」いろいろやっているつもりの大人の元にいる子供たちにも「関係性の貧困」に陥っている子達はいるのでしょうが。それ以前の環境で過ごし「関係性の貧困」のサイクルから抜け出せずにいられている子達のエピソードが自分には印象的でした。

副題にある「貧困」という単語。それは仕事上その言葉の指す意味について良く考える機会があるものです。人によって解釈は色々あるのでしょうが、私のいくつかの捉え方:
人間が生きていく上で必要となる基礎的なもの(家、水、ヘルスケア、電気、教育、農業など収入を得る手段)が欠如している状況にいるということ人としての尊厳を持つことのできない状況にいるということ希望を感じたり、かなえたいと思う夢が持てない状況にいるということまた、そもそも一人の人間として与えられてるはずの「尊厳」という概念を理解する機会がないままの状況にいるということ・・・ そういった捉え方の「貧困」で自分が今日本について気になっているのは①子供の貧困問題、②働く一人親家庭の貧困問題、③高齢者の間で広がる貧困問題、そして③「関係性の貧困」問題だったりします。

特に日本社会は横並びの圧力が強いので、①や②は③へつながってくるのでないかと思ったり、また、③と④のつながりもあるのではないかなとも思ったり。一方で④は①や②や③のどれに当てはまらない人にも起こりうることと感じるため、一番興味を持っているテーマだったりします。自分を受け入れてくれる人の存在や、そういった人との関係性が私達がそれぞれの夢を描き、未来に希望…

アウトプットとリフレクションとのバランス

最近仕事が忙しい。これを乗り越えれば日本に一時帰国(そこで仕事はします)だからと思って引き受け過ぎてしまったのだけれど、3つのMOOC設計提供と二日間リトリート設計プロマネという山を前に毎日締切に追われている。

アウトプットだらけの最近は、たまに手を伸ばして掴み取るインプットがあったとしても、全て短期的なアウトプットのためのもの。アウトプットを生み出すという行為は繰り返していく中で中毒性も生まれてる。そういうことを過去に体験している私は自分がアウトプット偏重になると少し心配になる癖もついている。
振り返ってみると自分にとってのリフレクションの場であるブログにもほとんど向き合えない状況も続いていた。少し前はブログを書く時間が取れないとモヤモヤする気持ちがあったりしたものだけれど、それすら起きない状態だったと思う。
おそらく仕事のアウトプットを生み出すことに生活のほとんどのエネルギーが費やされていたのだろうと思われる。
「リフレクティブ・マネージャー(中原先生&金井先生)」の内容に共感し、提供しているコース設計にもその思想を織り込んでいる自分が皮肉にも一番リフレクションできていないという数週間〜数ヶ月が続いていたような気もしてくる。
でも、そんな流れがちょっと変わりそうなきっかけをくれたのが今夜参加したカンファレンス。毎年実施されていて、今年11回目となる「Transformative Learning Conference」
仕事の一部として金曜〜日曜と参加する予定のこのイベント。今夜はそのpre-conferenceイベントという位置づけ。とはいえ、正直開始直後は身体はその場にいても、溜まっている仕事のことが頭を何度も横切り、完全にその場の空気に入って行くことがなかなか出来なかったりもした。
でも、二時間が経ったころには、二年前の10月半ばに自分が持っていた気持ちが一瞬戻ってきたのを感じとる。

何か、ここ最近得たことのなかった感覚が自分の頭に入って来て、帰り道、コロンビア大のTeachers Collegeのある120th streetから急行電車の止まる96th streetまでひたすら歩きながら色んなことを考えてみた。
二年前の私は何をしていたんだっけ。
そう、ボストンにいた。大学院生生活を始めて2ヶ月ほどの頃で自分が教育学部という未知の世界で何を学び、卒業後…

Storm King Art Center行ってきました

イメージ
紅葉の綺麗なこの時期のコトリップおススメ。
Storm King Art Center。

日本人に限らないですが観光客に人気なWoodbury Commonsモールから車で10分くらい、マンハッタンから車で1時間半前後のところにある、屋外美術館。数メートルの高さの建築物が広大な敷地内の至るところに「転がって」います。

もともと夏から行きたいと思っていたのですが、ようやく都合がついたら秋になっていました。でもそれが良かった!紅葉が本当美しくて。落ち葉がカサカサ音を立てるなか、好きな方向に歩き回り、落ちているドングリを拾ったり、ピクニックエリアでご飯を食べたり。

子どもがいる人達には特におススメ。子どもも大人も一緒に楽しめる屋外スポット。

定期的に特別展示がされているStorm Kingで今展示されていたいくつかのうちの一つは中国人アーティスト(NY出身?)Zhang Huanの仏陀。

ガイドには「2時間は滞在することを予定して」とありましたが、私達は3時間半はいたかな。それでも全部は見て回れず、最後の方は体力との勝負、笑。帰りにはWoodbury Commons Premium Outletにも寄り、時間に余裕がある人は近くにあるBreweryやWineryにも寄る事ができるのではないでしょうか。こういうときには車が運転できればなーと思います(ペーパードライバー13年目)

ニューヨーク市と言われるエリアの115倍近くの広さを誇るニューヨーク州。全然自分の知らないところばかり。(大学時代にいた田舎町も一応ニューヨーク州。ナイアガラ滝の近くですが)ニューヨークの秋は始まったばかり。でも10度前後の気温はやはり少し寒い・・










写真の整理

イメージ
スマホが登場する前は、結構きちんと整理していた写真のデジタル保存。携帯電話もコロコロ変えたり、人からもらったもの(それもLINEだったりFacebook messengerだったりGmailだったり)も様々なフォルダーに散らかりぱなしだったので、そろそろきちんと整理したい!と思い、ほとんど触っていなかった外付けHDDを引っ張り出してみました。

膨大な数の写真達。懐かしすぎて全くはかどらない。

自分が自分専用のデジタルカメラを初めて購入したのは大学生の時、Fujifilmのまるっとした銀色のデジカメで、外付けHDDには、2002年前後以降に撮られたと思われる写真が、細かいイベント別フォルダーに分類されて整理されています。でも、社会人になってから、途中カシオのexilimに乗り換えたり、整理する時間がなくなって、ファイルベースでの写真管理は更に適当になってました。

今は写真がHDDと、Dropboxと、Downloadファイルと、DocumentファイルやGoogle Driveに散らばっている状況。

でも、なんだか最近久々に眺めてみて、整理したいな、と思い始め。更に今までの時系列(「140101 xxxx」といった形でフォルダーに入れていた)ではなく、「誰と」といったカテゴリーで整理したいな、と。コラージュとか創るのもそういう軸でつくる機会(お祝いアルバム作成の時とか)の方が多くなっているし。

各種クラウドサービスは大好きだけれど、全てのファイルをクラウドONLYにすることにはなんか抵抗がある私。本当に保存したい写真はダブルくらいで保存しておきたい。

それにしても、10年以上の仲の友人達との写真。どれも宝物。

撮るときは何気ない気持ちでシャッターを押していたとしても、こうやって数年〜10年以上経って伝わってくるものがあるってすごいなーと改めて。せっかくこんなにストックがあるんだから、加工して何か創りたいなー。








サンフランシスコで見聞きした・感じた10のこと

イメージ
人生2回目のサンフランシスコ(SF)訪問が終わりました。1回目は完全な休暇として(かつ日本から)、そしてほとんど郊外(Napa)にいたので、今回はSFに対しての新しい発見がありました。

見聞きした・感じた順に書きます。時間がないので詳細省略。

① まぶしい、でも涼しい
サングラスは必要、でも軽めのブーツはいて、長袖必須。NYの「まぶしい日=暖かい」「涼しい日=暗め」に慣れている私の目と頭は若干の混乱。あと、湿度も少し低い。紫外線強いのか、髪が痛んだ・・

② 人がのほほん?としている お店の人がのんびり。マンハッタンの「キリキリ」ワールド(それでも、私には東京よりのんびりしているように感じることもあるのだけれど、母国語じゃないから鈍感力が増すというのもあるが)に比べると、基本的にのんびり。ヘラっ。という感じ。それに最初何度か戸惑った私は既にニューヨーカーモード。人間的に豊かな感じがするのはやはり西海岸か。

③ マリファナ 至る所で香りが・・・。ニューヨークの比じゃないですね。さすが西海岸。

④ ホームレスの多さ 理由は色々あるようですが、とにかくホームレスが目立つ。外もニューヨークほどそこまで寒くないから過ごしやすいとか。あとは主体的にホームレスという人生を選択している若者もいる、という話を聞いたり。あとは貧困問題が深刻なカリフォルニア。なんだか眩しい天気と綺麗な海との対比がクッキリだからか、尚更そういう都市の暗い部分がニューヨーク以上に目につきました。

⑤ スタバが目立たない Peet's coffeeのほうが多かったかも?カフェが多様。マンハッタンのように2ブロック歩いたらスタバがあるような「スタバ密集国」な印象が無かったのが印象的。

⑥ 車、やっぱり要るよ なんとなく、「LA=車社会/天気が最高/でも仕事が見つかりにくい」「SF=車がなくても大丈夫/天気はLAほどじゃないけれど良い/仕事が多くある」・・・というイメージを持っていたのだけれど(実際大学院ではそういうイメージを持っている同級生ばかりだった)SFの車の話は間違っていたように思いまする。SF、ちょっとでも都心から離れたところに住めばやはり買い物や最寄り駅までの道など車が必要で。特に週末郊外のワイナリーとかに行きたいと思えばもはや運転できないとここでの生活満喫は苦しそう。…

飛行機が飛び立つ前に頭に浮かぶこと

これも、1週間前の飛行機の中で下書きしたエントリ-。

こういうのを見るとつくづく自分のブログって、本当に「今書かないと!」という内容のものが多いんだな、と思わされる。数日経つと「へー、こんなこと考えていたんだ、私」状態になるから、忘れっぽいって恐ろしい。

====以下10月1日 SFからNYへ戻る機内で思ったこと====

飛行機の離陸時は大体直前の荷造り作業からくる疲労や直前までのバタバタ、空港までの移動などでヘロヘロになっていることが多い私。でもたまーに起きているときがあって、そういう時はいつも窓の外を眺めながら(窓際のせきを希望)同じようなことを考えている。
「このまま飛行機に何かあって、自分がこの世から消えちゃったら?」 誰の影響なのか(おそらく家族?祖父母?)忘れてしまったのだけれど、いつからか自分にこういう考え方が取り込まれていた。おそらく10代の時から。長旅に出る前に、部屋・家を綺麗にして(できる限り)何かが旅の途中に自分の身に起きて、この部屋・家に戻れなくなったとしたら、という視点で部屋を見渡すことが習慣になっていた。特に飛行機が関わる旅では国内・国外関係なく。
大学1年生の冬休み前。留学のための渡米後初めての日本への一時帰国を控え、寮の備え付けのベッドのシーツなどをすべてきちんとたたみ、ベッドの上に重ねてまとめた私を見て、隣の部屋の子に「どうしてそんな綺麗にして行くの?」といわれたのを今でも覚えている。当時、片言の英語で、「何かが起きて戻ってこれなくなったときのために」と伝えてみたら(当時は冗談で切り返すとかできなかったし)かなり驚かれたのを今でも覚えている。・・・・身辺整理をするって、文化的なものなのかもしれないけれど。
ちなみに、自分は中高時代理系だったけれど物理は苦手だったから、今でも何で鉄の塊が空を飛んでいるか良くわからないし、いつか空の上で壊れて海に落ちるんじゃないかと考えたりもする。

そんな無知に日頃の妄想癖が合わさって、飛行機の中では、結構な頻度で自分がいなくなった後の世界のことを想像したり、今の自分が今の人生において執着しているものってあるだろうか、とかを考えたりしている、ちょっと変な自分。
一人で飛行機乗っていることが多いから、誰もこの一人妄想を止めてくれないし。
私は基本的に、自分に起こっている様々なことはEverything i…

コメディ仕立てになっていた機内安全ビデオがちょっと惜しかった

数日休みを取ってサンフランシスコに行っていたときに書いたブログネタ。なんかあっという間に戻ってから1週間が経ってしまい、やや自分の中では古くなりつつあるけれども。


機内安全ビデオをちょっと工夫していたデルタ航空 今日は久しぶりの飛行機。ほぼ9ヶ月振り。
行き先はサンフランシスコ。半分プライベート、半分仕事のコトリップ。

大学院時代の親友を訪ねるべく、ボストンにいるもう一人の友達と、現地で三人で集合する計画で。まともな夏休みを取らなかった今年のほぼ初のお休みとなっています。3月に今の仕事での正社員ステータスになってから初めて取得した、まとまった休暇(といっても2日だけど)なので、なんだか少し深呼吸。

スマホで仕事のメールは一日一回しかチェックしないぞ、と心に決めて、搭乗したデルタ航空機の中の話。離陸前の、恒例の機内安全ビデオのアナウンスが流れてたときのこと。

その手のビデオは、飛行機に乗ったことがある人は知っているように、大切なのだろうけれど特に面白みのない内容で、一度聞いてしまったら、二回目以降は、どの飛行機に乗ろうが、あまり新しい刺激が得られないものであり。いつもはあんまり意識していないダメな私なのだけれど、今回は読む本も聞く音楽を持ってきていなかったので、ぼんやりと自分の目の前の小さな画面を眺めることにした。

すると、意外なことに、ビデオがコメディ仕立てになっているではないですか。

そういえば、ヴァージン・アメリカ航空会社が画期的な機内アナウンスをするので話題になっていたな、と思いだす(ダンスでミュージカル風にノリノリの同社のビデオはこちら)。皆、競合他社を見ながら、同じような「新しいこと」に取り込むのだなぁと感じたり。
ヴァージン・アメリカ航空会社のビデオに比べたら全然保守的だったデルタのビデオ。正直、ちょっと微妙だと感じたオチもあったし、自分が理解できなかった文化特有のジョークもあったけれど、全体的に良くできていたのではないかなと思う。実際最後まで自分は見てしまったし。(しかも帰りも見てしまった)


でも、全員が見ているわけではない
でも、途中で気づいてしまったのだけれど、自分の席の列の人でこのビデオを見ている人は行きは誰もいなかった。本を読んでいる人、荷物を整理している人、すでに寝ている人。(帰りは隣の二人の人が見ていたけれど)

きっと多くの搭乗客の頭には…