投稿

12月, 2014の投稿を表示しています

「内なるレジリエンス」について書かれた記事を読んで

イメージ
このブログに何度か登場している友人のKuniと入山先生のBiz/Zine上の連載の記事が面白いです。人によって刺さる部分は違うような気がしますが、おススメです。

今までの全ての回面白く、それぞれ「なるほど」または「確かに!」ポイントがあるのですが、私は特に第3回目が好きでした。内容が濃くて、残念ながらタイトルではその内容が上手く伝え切れていない気もするくらい。

第三回「ハブ人材」と「内なるレジリエンス」を保つ距離感

今の私にとって特に印象に残ったのは以下の3つ 「弱い絆の繋がり」のところ
前回のエントリ-で書いたニューヨークでの「仲間コミュニティ」とかまさにそんな感じです「大企業に所属する人が持つ『社外のネットワーク』」のところ
最近自分の仕事の周りでもintrapreneurship育成とか話題になることが多いですが、そういう人が持っておくべきスキル、マインドセットに加えてだいたいこの「社外のネットワーク」というものがテーマにあがってきています。全員が会社を飛び出して起業すればいいわけでも、ベンチャ-やNPOに転職すればいいわけでもなく、大きな社会への変革を起こすには、または新しい価値を届けるにはリソースたっぷりの「大企業に所属」して、かつフットワーク軽いストーリーテラーが重要だと感じています「活動を持続するための『幸福感』『自己効力感』『楽しんでいるか』」
まさに社内でよく話すことなので 最後に出て来ている「内発的動機と社会的動機」のバランスのところは特に最近考えていることだったりします。ソーシャルビジネスやNPOに関わる人の間でたまに見かけるパターンですし、社内でよく同僚と話していること。
イメージ図はこんな感じなのですが。

自分個人がやっていること(緑のボール)は、いかに地味な作業だったとしても(ソーシャルビジネス/NPOでやっていることなんてそういう小さなことの積み重ねが大半ですが)自分の行動が組織のミッション達成(青いボールを目指す方向に動かすこと)に直接つながるので「内発的動機が満たされる=社会的動機が満たされる」とても「幸せ」「やりがい」を感じやすい仕事です。自分が動けば動くほど、社会的インパクトが生み出されている感やゆっくりだとしても何かが着実に前に進んでいる感触が手に入ります。
だから関わっている人達でミッションに共感している人達は本当によく働きます。…

マンデラの命日とアメリカでのデモ

イメージ
12月5日はネルソン・マンデラの命日でした。

私の会社の会議室の一つの名前はMandelaです。全部でNYオフィスには5つ会議室がありますが他はマハトマ・ガンジージョン・ガードナーRumiHafizです)

1994年に南ア史上初の全人種参加選挙を実施したマンデラ氏。他にもたくさんの影響を世の中に遺していった彼ですが、南アフリカが5日を迎えたころ、アメリカでは各都市で大規模なデモが繰り広げられていました。

Eric Garner事件でデモ運動が加熱するアメリカ ファーガソンでのMichael Brownの事件の判決、Clevelandで12歳のTamir Riceが撃たれた事件、それに加えて夏にNYのStaten Islandで起きたEric Garnerの事件の判決結果。どうしてこのタイミングで、というくらい全てが矢継ぎ早に起きたところでした。

特にEric Garnerの件は黒人であるGarner氏が警官に首を絞められ、息絶えていく一部始終を撮影した衝撃的なビデオが流出したこともあり、もはや黒人だけでなく、白人も多く巻き込んだ大規模デモが、普段ならホリデーシーズンで買い物客や観光客でにぎわうはずのマンハッタンの中心部分を覆っていました。

今回の一連のデモは白人が「無関心でいる白人」を批判する声が聞かれたり、国籍問わず若い世代の参加者が非常に多かったというのもあり、昔から頻繁にあったような「白人(警官)の差別行為に怒る黒人達」といったものに留まらない何かを感じさせるようなものでした。

今後この動きはどこに行くのだろう。アメリカという国はどのようにして今回の件を乗り越えるのか。大多数の「無関心層」は動くことがあるのだろうか・・・「The opposite of love is not hate. It is indifference.」というようなフレーズを思い出します。

近いようで遠いような、微妙な距離感を感じつつ、身近に何かが起きていることを感じています。そして、改めてソーシャルメディアのもたらす力のすごさも感じています。

社内で同僚が共有してきたデモ更新のイベントページ。
「#ThisStopsToday: Justice for Eric Garner/End Broken Windows Policing」 5000人以上が参加するとここで表明していま…

教育/学びの(日本語スピーカー)仲間 in NY

イメージ
前回ニューヨークに日本人の友達が少ないと書きましたが(というか現地の友達も同僚以外ほぼ皆無、、)「仲間」はいます。人が学ぶということや教育のあり方について興味がある日本語スピーカーの仲間達。今日はこのコミュニティについてと運営者として思ってることについて書いてみます。

はじめたのは昨年の秋。 ニューヨークに引っ越してきて、日本にいたときに一度お会いしたことのあったmichiyoさんと再会のディナーをしたときです。「教育について学んだことを話し合う日本人仲間欲しいね」という気軽な会話をしたのが始まりでした。確か2013年9月のこと。その後Facebook groupを立ち上げ、「教育/学びの仲間inニューヨーク」とそのままのタイトルをつけました。

最初にオフ会(対面で直接会う場)をしたのは10月1日の映画鑑賞会。翌月の11月には私の住んでるところで持ち寄りパーティーをしました。その日の参加者10人強。そのうちコロンビアのTeachers College (TC) 生が四人(うち修士3博士1)、コロンビアのSIPA生(政策大学院)が一人、NYU教育関係が二人、私を含む三人が現地で「学び」に関わる仕事をしてる人という内訳でした。

2014年12月の現時点でニューヨークにまだいるのはこの10人中のなんと5人。他メンバーは東京、フィラデルフィア、英国ケンブリッジに羽ばたいていきました。人の流動性が高いマンハッタン。

michiyoさんがコロンビア大学近くの比較的大きな寮に住まれていたことからそこでの出会いを通じた紹介ベースで最初はメンバーが増えていきました。ある程度の人数を超えたからはFacebookの「Suggested Group」アルゴリズムにひっかかるようになりました。

2014年12月の現時点の状況。 今ではこのコミュニティ70人ほどの規模になっており、私が話したことがあり顔名前が一致している人は50人くらいでしょうか。修士&博士課程留学生が比率として一番多く(30人くらい)、ニューヨーク短期滞在組(交換留学生や日本からの出張&旅行中にコミュニティに関わってくれた人)も含まれているのでタイトルの割には現在ニューヨークに住んでる人達は全体の半分くらいな印象です。

メンバーには舞台教育に関わる人から組織学習論の人、テクノロジーを活用した教育に関わる人、MBA生、学部生、…

海外にいる時の日本語力

ニューヨークに引っ越してきた2013年の夏、この街には日本人の友達がほとんどいませんでした。NYUに留学中のmichiyoさん、大学時代からの親友の看護士のM、そして高校の同級生で医師レジデンスのM・・それから知り合いやたまにお会いする方は増えましたが気軽にさくっと会う関係の日本語スピーカーは片手で数えるくらい。

「日本語で他人と語り合う場」が少ない。。。

そのことをあまり気にはしていなかったのですが、最近自分の日本語力について少し考えるようになりました。
このままジワジワと退化させちゃっていいのだろうか、と。
使わないと、少し「サビついて」しまうんです、言語って。科学的に証明されてるか分からないですが、自分の感覚的には英語も日本語も使わないと言い回しが頭に浮かび、舌の上を転がるまでに要する時間が長くなっていきます。

日本語を「排除」してても大丈夫だった時 そもそもボストンでの大学院生時代時も日本語を話す機会は多くはありませんでした。なんせ学部700人中二人の日本人でしたし、他の日本人とはボーゲル塾で会うくらい。(過去のエントリ-:ボーゲル塾(ボストンでの課外活動))でもそれは10ヶ月という期間限定のことでしたし、英語力強化の側面からも、むしろ自分にとっては良い環境だと感じてました。
2001-2005年に留学したときに比べて圧倒的に存在感を増したFacebook Twitter Feedlyなどツール。これらは日本語の活字を自分の目の前に容赦無く流してきます。初めて海外留学したときよりも英語力上達の面で追い風が弱まっているのを感じていた理由の一つは私がこれらを完全にシャットオフすることができなかったからと少し思っているくらいです。なんというか、追いつめられ度が違いました(過去のエントリー:渡米して4日目 - 2001年の時との違い
なので、当時は日本語のアウトプットの場がない事に対して特に深く考えてはいませんでした。ブログも始めていましたし。

日本語スキルを「定期的にトレーニング」する必要がある時 ただ、大学院を卒業し、働き人になり、学生とは違って期間無期限となると話は別。

ニューヨークに来てから定期的に会う日本語スピーカーが本当にいなくなり、ブログ以外で一定量の日本語のアウトプットをする時はどんどん減る一方。たまにある日本人友人達とのスカイプや出張や旅行でニュ…