投稿

2月, 2014の投稿を表示しています

以前より大変になった?H1Bビザ

F1ビザ、OPT、そしてその後はどうなる?(2013年9月)のエントリ-の続きです。H1Bビザ申請に関する追加情報を得ることができたので共有です。今後のプロセスと自分が歩むかもしれない可能性をいくつか整理してみました。

現時点までの状況(自分のケース) ・2001-2005年F1ビザでアメリカ滞在(学士課程) ・2005年卒業後、すぐ日本帰国、OPT不申請 ・2012年8月F1ビザでアメリカ入国(修士課程) ・2013年4月半ばOPT申請のためI-765などを送付 ・2013年5月31日大学院卒業 ・2013年6月9日OPT開始(OPT申請の時自分で選びます) (働いていない期間)1日 ・2013年6月10日から7月14日まで5週間の契約社員生活 (働いていない期間)ほぼ7週間(35日)※日本で他のインターン ・2013年9月3日から9月27日まで契約社員生活 (働いていない期間)ほぼ10日  ※引越し、その他 ・2013年10月8日から契約社員生活(2014年5月31日まで契約予定) (その期間海外出張 2週間+1週間+1週間+1週間)
今後の状況(自分のケース、H1Bにとって大切なのは4月という月) ・2014年4月1日に移民局へH1B申請資料提出予定  その瞬間にFビザOPTの人から「H1B申請中の人」にステータスが変更  その間海外渡航一切禁止 ・2014年4月1-7日の間の応募数によって抽選実施の有無が判明(①) ・2014年6月9日OPT切れ(この日以降アメリカで働くことができません) ・2014年8月6日F1ビザについている「60日猶予期間」が切れる  この日以降アメリカに滞在するためにはビザの切り替えが必要  または日本へ帰国
①:抽選 以下はH1Bへの応募が最初の一週間で8.5万人を超え抽選があった場合のシナリオです。ちなみに最初の一週間で8.5万人を超えず、抽選がなかった場合はそのまま②へ進みます。2年前から始まったというこの追加ステップ・・「会社からスポンサーもらえそう」となってから、本当にビザがもらえるまでの間に立ちはだかる大きな壁です。成功率50%とかいう数値、微妙ですね・・。
流れとしては ・アメリカの大学の修士課程を卒業した人対象の抽選実施 ・抽選で選ばれた場合は②へ(上限2万人) ・抽選で選ばれなかった場合は世界中の大学の学士課程を卒号した人対象の…

F1ビザ、OPT、そしてその後はどうなる?

イメージ
(2013年9月12日付け)
さて、ちょっと「教育」からは小休止で、留学生っぽいエントリーを久々に書きます。表題にある通り、F1ビザのあとのOPTビザの、更にその後の話です。

「F1ビザ→OPTビザ」の説明や「OPTビザ→「H1Bビザをスポンサーしてくれる企業に採用されればよし」といった説明だったらGoogle検索で十分かもしれませんし、学校もとても丁寧に説明してくれます。ただ、私が欲しかったpost OPTビザの情報はなかなか分かりにくい。

まだまだ6月にOPT始まったばっかりだし、来年の5月末まであるじゃん、とのほほんとしていた私に職場のマネージャーが弁護士の方を聞くだけ聞いてみるといいよ、と薦めてくれたので1時間の無料コンサルテーションを受けました。その情報が有益だったので内容を共有します。

(おさらい)日本からアメリカに学生で来るときは:F1 大体の人はF1ビザというビザをもらいます。ほかにも色々とビザはあると思いますが、私はそれ以外のビザで来た事がないのでその前提で話をします。F1ビザは大学/大学院のプログラム中ずっと有効で、その間は① アメリカの出入国は自由、② 自分の通っている学校のon campusのアルバイトならOK(入国してからすぐ出来るかどうかは人によって違うみたいですが)という状況に置かれます。

で、私は大学の時は4年のプログラム終了後すぐ日本に帰国して就職をしたのでそれで終了。F1ビザも自然と失効しました。一方で、今回(大学院)は、1年プログラム終了後もアメリカに残りたいと思ていたので初めてOPT申請をすることにしました。厳密にいうとOPTそのものはビザではないのですがというよりは「F1ステータスの延長としてのOPT保有」にしておくことで、期限付きでこの国に残って働いてもOKな状態にしておくという感じです。

留学先のプログラムを無事卒業したら:OPTという道 このOPTはOptional Practical Trainingの略で、この取得方法や申請に必要なことはほぼ全ての教育機関のStudent Serviceが教えてくれますし、Googleにもわんさか情報があります。

自分の場合申請するために必要な費用は大学のStudent Serviceに150ドル、そして政府向けにたしか380ドルくらいだった気が。学生にとっては大金です。大体…

Design Thinkingワークショップって最近良く聞くけれど

イメージ
以下は2012年の11月14日に書いた内容です、当時はまだ大学院生でした。つい先日マンハッタンでThe Design Gymという会社の実施しているワークショップに参加しました。その話と、Acumenが3月末に提供するコースと「Design Thinking」つながりで関連するのでエントリ-を更新します。(Design Thinkingという概念に対するfamiliarityは個人それぞれだと思いますが、ここでは物理的に見えるデザインというより、ある課題の解決策をデザインするという意味での「デザイン」という単語の使い方がされています。一応前提として)

HBSのDesign Thinking & Innovationワークショップ 今学期HBSの授業の"Design Thinking & Innovation"の履修を希望したのだけれど残念ながら抽選に外れてしまい、取る事ができませんでした。同じような状況の人が多かったらしく、HBS側の配慮で今学期の下半期に単位なしのWorkshopが開催されることになったと連絡有り。もちろん参加希望、ということで11月1日から毎週木曜夜、iLabにて1.5時間のWorkshop(授業の短縮版)を受講しています。

初回はHBS教授のSrikant DatarSynecticsworld社のManaging PartnerであるJoe Gammal氏によるものでした。テーマは「Introduction to Innovation & The Role of "Climate"」

カバーされたことは①クリエイティビティとは?イノベーションとは?という話、②The Creative Problem Solving ModelとFourSightという考え方、そして③Synecticsworld社のプレゼン(イノベーションと組織文化、行動)(同社は企業向けにクリエイティビティやイノベーションをメインとしたコンサルティングサービスを提供しているのでその宣伝)でした。
強調されていたのは以下の3つ。①水泳やピアノと同じでこのワークショップのテーマとなっていることは練習+失敗+改善を繰り返すことによってのみ身に付くもの、②課題に対して多様な見方をすることを訓練すること、そして③in…

Tokyo New Cinemaとの出会い(今年もボストン国際映画祭で入選)

イメージ
今年もボストン国際映画祭で入選 (2014年2月追記)
今日「『Calling』に引き続き、Tokyo New Cinemaの『雨粒の小さな歴史』が今年もボストン国際映画祭で入選致しました!」という元気いっぱいのメッセージを友人にもらいました。そういえばもう昨年のボストンテロ/その直後の映画祭から1年弱経つのだなぁ、と思いながら彼らのことを思い出しました。


去年のボストン国際映画祭で初めて知りました (以下は2013年4月29日書いたエントリ-です)
すでに1週間以上の前の話ですが、Tokyo New Cinemaという自主制作映画団体との出会いがありました。

友人が同団体の会長をしていて、彼が熱い想いを持っていたのは以前から知っていたのですが、彼が3月半ばに「ボストン国際映画祭で入選し、現地での上演が決定した」ということと「日本の自主制作映画が入選できたのは異例の事」ということを教えてくれたことをきっかけに、4月20日(土)の上映会に行くことを決めました。

そもそも後で知ったのですがこのボストン国際映画祭Boston International Film Festival (BIFF)、毎年ボストンで10日間開催されている催しもので今年は第11回目でした。BIFFのミッションの一つとして「a rare opportunity to promote dialogue between filmmakers and the audience in an intimate setting」とHPに記載があります。私達が観に行った日も3つの入選作の上映時間の間の時間にも、それぞれの作品制作に携わった方々と観客との「直接対話」の時間が設けられていました。

今年は世界中から約2600もの作品の応募があり、その中から約100の長編と短編が選ばれ、入選作が10日間ボストン内の大きな映画館で上映されていたということのようです。(テロの影響で全て上映できたかは分からないのですが)

Tokyo New Cinemaの作品の上映日は折しもボストン爆破テロ犯人追跡劇でボストンの町が閉鎖された次の日。前夜21時半に犯人が逮捕されるまで「明日は映画祭あるのだろうか」という不安があったのですが(関連エントリー)、寝る前に「上映会あります」の報。安全面の懸念から上映会に行くのを辞めた人もいたようで…

アメリカにいる時の税金の話

先日友達と「こういうこと学生の時にしっかり教えてほしかったよね」と話していたことの一つが税金。他にも国民年金だったり国民保険だったり、結構「転職」や「留学」の度にバタバタとその場しのぎでなんとかしていたあの手の話。正直しっかりと理解できていない状態のまま今日に至ります。そんな中アメリカの"Tax Filing Deadline"の4月15日。その日を意識する時期になってきました。

2012年時は「F1ビザで大学院生としてon campusでアルバイトをしていた」状態の自分でしたが、今回は「F1ビザで大学院生としてon campusでアルバイトをしていた」状態の5ヶ月と「F1ビザのOPT期間に米国にある企業から契約社員として、英国にある企業から契約社員として、日本にある企業からフリーランサーとして収入を得ていた」状態の6ヶ月なので、若干複雑になりそうな気がしたので、改めていくつか調べてみました。

誰でも何らかの資料の提出が必要 アメリカの税法上の年度はCalendar Yearと一緒なので、①2013年の1月1日から12月31日の間に、②米国の組織/雇用者によって支払われた収入(給与はもちろんですが奨学金やフェローシップに関わるお金も含まれます)に対して、③"Tax File"を提出するか、または収入が無かった場合は「無かった」という資料を提出する必要があります。もちろんFビザで滞在中の留学生も同様です。

昨年の大学院在籍中は周りの米国外から来ていた留学生仲間同士で「これでいいのかな?」と試行錯誤しながら一緒に書類を提出しました。授業などが忙しくなっていた時期なので本当ギリギリまで放置してみ慌てていたのを覚えています。

ちなみにアメリカでは税法上のResident(居住者)なのかNon-Resident(ビザによりますがJやFビザの人は最初の5回のCalendar Yearの間はこちらになるようです)かによって払わなくてはいけない税金が異なります。税法上のResidentの人だと世界中で発生する「income」全てに対して課税されるようです。

なので税金について考える時は自分がどちらなのかの理解がまず第一歩。IRS (Internal Revenue Service)が用意している「U.S. Tax Guide for Ali…

EGAKUワークショップについて(更新しました)

イメージ
もともと2012年の8月12日に書いたエントリ-でしたが、2014年2月24日に更新しました。

EGAKU ワークショップって何? 「大人向けのアートワークショップに行ってます」・・・・そう話すと自分の周りの大体の人は「自分は絵心がないから」「アートとかそっち系は自分にとって遠い存在」「それってどういう効果があるの、何のためにやっているの」といった反応を示されます。

HRWの親友に初めて紹介された2010年から既に2年弱が経っているEGAKUワークショップ。(実際すでに3年強です、2014年2月現在)自ら10数回描いた経験を踏まえ、この「小さな正方形の色画用紙にドライパステルを指でこすりながら抽象画を描くワークショップ」。最近は以下の方々に特にオススメしてます。
日々仕事において左脳偏重で過ごすことの多い人 人生において「もやもや」したフェーズにいる人 自分の発信力や潜在的に有する表現力の豊かさに気づいていない人 人は皆多様であるという事実と素晴らしさを頭でなく体験で感じてほしい人 単純に楽しいことが好きな人 人に興味がある人 多様な人を集めた「真の意味で」「インタラクティブな場」を設計しようとしている人 「正しい答えの出し方を(教えてもらい)知り、努力すればよかった時代」から「正解も不正解もないものに対して、一人一人が当事者意識をもって向き合い、それぞれが納得するやり方で取り組むことが重要な時代」へ。そんな環境下で有効なimmersiveでreflectiveなlearning experienceの一つだと感じます。



参加中に求められるのは「自分は何がしたいのか」「何を大事にしているのか」「何を感じているのか」に静かに向き合うということ。そしてそれを伝える表現力のトレーニング。相手には実はどう見えているかに気付くことのできる対話の場。・・・・アートワークという体験にチャレンジした後は、その体験前に思ったことと違った自分/他者に対する発見というものがあると思います。実際どんな感じでワークショップが進むかはこちらから。


 ・WhiteShipIncのFacebook Page  ・EGAKUWorkshopのFacebook Page
リーダー育成、組織開発という文脈で 最近は人材育成関連の方や教育機関の方、企業の中の特定の事業部から派遣された方が参加されることも多く…

UNESCO MLW2014で感じた「日本」or the lack of it

イメージ
今回Quipper社の一員としてユネスコのMobile Learning Weekに参加して感じたことをまとめてみます。全て以下は自分個人の勝手な感想です。まず、このMobile Learning Weekというカンファレンスについての情報整理、今年見た韓国+中国から来ていた方々の様子、日本を代表する人に会えなかったことに感じることについて書きます。

ユネスコが主催しているMobile Learning Week 今回が第三回目となるMobile Leraning Week(以下「MLW」)。最初に開催されたのは2011年の12月でした。(ニュースリリース、後日発行の同イベントのレポート)第一回目のMLWのキーフレーズは「Mobile learning in support of Education for All」コンセプト

ニュースリリースにはMLW開催の背景にある3つの狙いが記載されていました。従来のデスクトップ/ノートPCをベースにしたテクノロジーの利活用以上の可能性を秘めるモバイルラーニング専門家+関係者同士意見交換し、新しい取り組みを共にリードしていきましょう、そのための最初の一歩ですね!といったメッセージを感じ取りました。


この初回の参加者の多くはMinistries of Educationの公人の方々、mobile learningの研究の専門家、そのような技術を提供しているプライベートセクターの企業達であったようです。

当時「展示者」枠を持っていたのは「Nokia, Commonwealth of Learning, Intuition, iLearn4Free, ICTP (International Centre for Theoretical Physics), SK Telecom, ISTE, mEducation Alliance, Alcatel-Lucent and France Telecom (Orange)」といった団体。この数と特性が第二回、今回の第三回と広がって行きます。ちなみに第一回のシンポジウム(展示会+公開講演/プレゼン、一般公開)には大体100人ほどの参加があったとあります。


第二回目の開催は2013年の2月。この時は参加者としてQuipperのMasaさんは参加していたようですが、この年のMLWのキーフ…

ユネスコ (UNESCO)について整理

イメージ
本当は一つ前のエントリ-に書いたUNESCO Mobile Learning Weekで感じたことについて書きたかったのですが、それは次にして、その書きたかったことの背景を理解する上で一旦そもそもUNESCOについて知っておきたいなと思ったので自分の勉強のアウトプット用としてこのエントリ-を書きます。

何のための組織? ユネスコ。日本語では国際連合教育科学文化機関。英語でU.N.E.S.C.O.。United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization。本部のウェブサイトによるとUNESCOは国連の"Intellectual" agencyと位置づけられています。
At a time when the world is looking for new ways to build peace and sustainable development, people must rely on the power of intelligence to innovate, expand their horizons and sustain the hope of a new humanism. UNESCO exists to bring this creative intelligence to life; for it is in the minds of men and women that the defences of peace and the conditions for sustainable development must be built. - See more at: http://en.unesco.org/about-us/introducing-unesco#sthash.P1efOZEJ.dpuf
誰が加盟している組織?お金はどこから? 加盟国(Member States)は195カ国(最近追加された国は2011年の10月の南スーダン、同11月のパレスチナ)+マカオなどを含む9のAssociate Members(参照)。

2年ごとに予算をつくり、直近の2012-2013通常予算(reguuar budget)は6.53億ドル。そして(これが実はブロ…

Quipper at UNESCO Mobile Learning Week 2014

イメージ
(お断り:これはQuipper社の正式なリリース、ポストではありません。正式な発信はFacebook PageTwitterを見てみてください)

出張でパリに来ています。「出張でロンドン/パリに行く」という説明が伝えるイメージ・・・。昔の私だったらウキウキしていたかもしれませんが、やっぱり出張で各都市に行くのって全然違います。基本ホテルと職場との往復+夕飯の生活。かつ移動はやはり身体に少なからずの負担。パッキングも苦手。なので、一般にイメージされている「ロンドン☆に行って来た」とは違う体験をしていると感じます。

今回はUNESCOが本部で開催しているMobile Learning Week(略:MLW、ハッシュタグ#MLW2014)に展示する側のQuipper社の助っ人としてパリに。

昨日は設置+ロンドンからやってきたメンバー+フィリピンからやってきたメンバー+日本から出張帰りの社長とキャッチアップ&作戦会議とディナーの一日でした。







昨日の雰囲気からしてもさすがユネスコ。教育に関わる政策側の人、IntelやQualcommといった大企業関係者の人、教育をテーマに研究している学者の方々など。

Quipperが過去に参加していたベンチャ-、ネット系のカンファレンスとは圧倒的に平均年齢も重々しさも異なる雰囲気のイベントです。

メンバーは私と社長を除き皆20代、笑。今日と明日頑張っていこうと思います。(現在時差ぼけ、現地時間朝の6時)


ちなみにUNESCOは”ICT in Education"というカテゴリーで以下の7つの柱を持っているようです。①Policy、②Teacher Education、③Mobile Learning、④Open Educational Resources、⑤Lifelong Learning、⑥E-Learning、⑦Education Management Information System。この分け方はどのようにして??とも思いますが、来月アメリカである結構「ベンチャ-色の強い」SXSEdu(テキサス)のイベントに比べてかなり雰囲気の違うこういうところで勉強するのも大切なことかな、と感じます。

どういう厳しいつっこみ?想像していなかったきっかけがもらえるか。2日間たくさんネットワーキングができるといいです。

ちなみに、キ…

「教育学」の裾野の広さ(in NY)

イメージ
「教育学」を学ぶってことの多様性、ニューヨークという街で教育学の修士/博士課程に行くことに興味がある人向けのエントリ-です。(長いので事前に断っておきます)

私はボストンで学んだけれど、NYも面白い! 昨年の5月末に大学院を卒業してからニューヨークに行ってOPTビザ消化をしている訳ですが、9月頃から細々と始めた「『教育/学び』の仲間in NY」Facebook Groupのメンバーが20人ほどになりました。

基本的には対面で会ったことのある人、既にメンバーである人達の紹介ベース、かつNYに物理的にいる/いた人をメインにしているので小さい、比較的intimateな会です。

今のところメインはColumbiaのTeachers Collegeに留学中の修士/博士学生6名、New York Universityの教育学に留学中の修士生/卒業生2名、その他既存メンバーの紹介ベースで「教育」ど真ん中でないけれど近い世界で学んでいらっしゃる方々や(デザイン、社会学、政策)、現地で教育のフィールドで働いている方などに参加していただいています。(既にニューヨークという場所を「卒業」している方もいます)

こういうの、自分が留学生活をボストンで送っていたときにあったら良かったのになぁと思うと同時に、「学生」を卒業してしまった自分が、「学生」まっただ中の①超多忙な②かつインプットを全身にあびてエネルギーに溢れている仲間と交流できることの贅沢に感謝しています。それぞれのメンバーの留学以前の経験の多様性と深さにも毎回大きな刺激をもらっています。

こういう人材がたくさんいるんだ、というニューヨークという街の懐の深さ、そして情報/人材へのアクセスの良さ(物理的に皆が近い!)を感じます。(ボストンでは留学中に教育に興味がある日本人留学生に会う機会が比較的少なかった・・)


コロンビア大学とニューヨーク大学での教育学 さて、自分も2012年にコロンビア大学の教育学を受験した人間ですが、実は同校の教育学の裾野の広さをあまり理解できていませんでした(と今になって痛感します)。今回のコミュニティに参加している方々の学部/学んでいる事を聞く度に「そんな学部もあるのか!」と驚かされることもしばしばです。

今後コミュニティが成長していく中で一度整理しておこう!と思ったのでこの機にTCとNYUの教育学のプログラム…