投稿

10月, 2015の投稿を表示しています

MOOCをデザインする時に意識していること - 協調学習の視点

イメージ
長い投稿を一つ前にしたので、これはもう少し短く。久々の「学び x テクノロジー」的なネタです。 背景 今ニューヨークで自分はコースデザイナーとして働いているのですが(@社会起業家に資金提供するインパクト投資家という位置づけのAcumenという組織)ここでいう「コース」は「無料で」「インターネットを通して教材が届けられる」種類のもの。・・一部のマニアな人達にMOOC(massive open online course)と呼ばれたりしているものですね。以下は私達のChief Innovation Officerのツイート。初めて提供したのが2013年の年始だったので(当時はGoogle DocとMailchimpとWordpressで提供というプロトタイプ版)二年半が経ちました(私は2013年6月から関わっています)
+Acumen Becomes Largest Massive Open Online Course (MOOC) Provider in the Social Sector http://t.co/NGYF5lfHGA — Sasha Dichter (@sashadichter)

ブログの更新が減った理由を考えてみて気付いた事

イメージ
一ヶ月以上振りの久々のエントリー。二週間前くらいに一つエントリ-の下書きを携帯上で書いていたものの、結局それが公開されることはなく・・。今日の仕事帰りの電車の中でふと、ここ数ヶ月更新が激減してしまった理由はなんなのか、と考えながら気付いた事。

ブログから足が遠のいていた理由・・ いくつか心当たりはある。たとえば
ニューヨークの夏は楽しい出来事がいっぱいだったから室内でリフレクション(ブログ執筆)する時間が取れなかったかも?、とか特筆すべき知的インプットが無かったからネタが切れたのか、とか日々日本語で長い文章を書く機会が無いので心理的なハードルが上がってきたのかも?、とか仕事でクリテイティブな作業や執筆作業に追われているから、帰宅後&週末にPCを開きたくなくなってきたのかも?、とかそもそも自分のMacが重くなってきたことが関係しているかも? でも、どれも少し違う気がする。今年の夏にこの都市で見聞きし、体験したこと、考えたことは実はいっぱいあったはずだし。比較的長いメールを日本語で書くことは苦ではないのだし。時間がなかったのか?!と思ったけれど、・・・・いや、絶対あった。だったら何でスキマ時間が出来た時に「あ、これブログに書こう」ってならなかったのか。以前は「書きたい、伝えたい」って思って睡眠さえ削って書いていたはずなのに。
ブログを続けている日本人(海外経験有)と更新しなくなった人 そこで思い出したのが「海外の大学院に留学している日本人が海外滞在中はたくさんブログで発信しているのに、日本に戻って仕事を始めたとたんに更新しなくなる」という事象(個人的な観察による)。私がボストン留学時代(2012年-2013年)に仲良くなった日本人数人は確実にこのパターン。「ホーム」(日本)に戻ってから彼らの個人メディアが更新される頻度はグンと減った。人によっては完全にゼロ。仕事が忙しくなり、かつ「ホーム」(日本)という環境下では仕事以外のことも忙しくなるのだと思われる。
全体的に自分のソーシャルネットワーク内では「Away」(日本国外)にいる日本人・または複数都市を行き来している日本人のほうがブログの更新が高い(人によってはFacebookが日記みたいになっている人もいる)。本業も結構忙しそうで、仕事以外のことにも色々手を出している人達でさえ、頻繁な情報発信を欠かさない。(かなり小さな…