投稿

3月, 2014の投稿を表示しています

社員として働きはじめて

9日振りの投稿。
なんだか一ヶ月ほど書いていない気がします。

ブログで正式に書いていなかったのですが、3月半ばからフルタイムで働きはじめました。昨年10月から貴重な経験と素敵な出会いをもらっていたQuipper社とはプロボノにシフトし、今後は以前からちょこちょこ手伝っていたAcumenというNPOで働きます。具体的にに無料オンラインコース絡みの仕事とチャプターマネージメント・活性化のお仕事。

Acumenは「インパクト投資」セクターのプレーヤーといわれることの多い非営利団体。設立されて今年で13年目です。昨日自分の名刺も届き、ビザ申請の関係で9月末まではアメリカを出国することもできませんし、ここニューヨークで、Acumenのスタッフとして、しばらく根っこを下ろして生活することが続きそうです。

意識がちょっと変わった、働き方も変わった 契約社員で切り離されたプロジェクトをコツコツやっていた時期に比べると、フルタイムになった今、なんだかマインド面+物理的なアウトプットにおいて何かが大きく変わった気がしています。時間の使い方が変わりました。

具体的にいろいろあるのですが、例えば:自分の知らない、でもこの組織のしている分野において重要な事をたくさん学びたい、という気持ちを強く感じたり、自分にとっての新しい仲間となった人達の人となりや文化的背景をもっと知りたい/知らなきゃという気持ちが出て来たり、外の人と話す時も自分達の組織や自分がやっていることに対する示唆、アイディアのきっかけを前より意識するようになりました。

これは自分が比較的アウェーな分野に入ったからなのか(世界の貧困問題の解決をビジネスアプローチで、という組織なので、いわゆるInternational Development/国際開発の世界ですね、つい最近まで国連が提唱していたMDG [Millennium Development Goals]のことすらあまり分かっていなかったという状態からの出発点なので道のりはかなり長い・・ガンバリマス)、社内の一人一人のつながりが家族みたいな組織というAcumen特有の要因なのか、人が常に不足気味で一人一人の担当領域が広く、互いにシナジーも求められているフェーズにあるベンチャー組織だからなのか。または自分の性格なのか。よく理由は分かりません。

とにかく時間を忘れて業務時間中はア…

教育者としてのジムのインストラクター

まだ筋肉痛。

先日、友人に誘われ、いつものジムでなく(といいつつ一ヶ月ほど行ってなかったけど)ちょっとハイエンドな雰囲気のジムに行ってきました。そこはBarry's Boot Camp。日本でビリーズブートキャンプが流行ってた時期は全く興味もなかった私ですが、一年の四分の一以上を冬服モコモコブーツ姿で過ごす街にいるアラサー女子として色々危機感を覚え、彼女の誘いに乗ってみました。

仕事を6時に終え、6時40分からの1時間。
・・・・想像以上の体験でした、笑。

仕組み・・結構ハードコア一回のセッションはほぼ一時間メインインストラクターは一人受講生は30ー40人くらいトレッドミル先行組と床筋トレ先行組に分かれる15分トレッドミル▷15分床▷15分トレッドミル▷15分床といった一時間15分の間はほぼ1分刻みにやる事が決まっているインストラクターの掛け声(というか叫び声)に合わせてメニュー消化一人のインストラクターが床組、トレッドミル組それぞれに指示出ししたがって自分の組の指示かどうか集中している必要がありちなみにBGMはRap Hiphop Remix系。最後に聞いたのいつだったけな的なビートが大音量で鳴り響く、しかも2分もたたないうちに曲がクルクル回る。ランナーズハイになる前に自然とテンションが高くなるように意識されている気がする雰囲気:常連っぽい隣にいたマッチョのおじさんは走ってる途中に「オーイヤー!」とか急に叫び、小心者の私はちょっとビクリ。雰囲気:インストラクターのお姉さんの気合い満載のかけ声。例:show me what you got!、you can do it!、最後のクーリングダウンの後のthat's how you change your body!。
感心ポイント・・良くできています 環境大事。 音楽、照明、鏡、限られたスペースでのレイアウト。よく考えられてるなーと。
単調にならないような工夫大事。 予定されてるエクササイズも細切れで、音楽もコロコロ変わる。負荷をかけまくるのと、所々に散りばめられてる緩やかなトレーニングがちょうどいい。
ソーシャル大事。 私の場合は友人と一緒にいったのでダブルでのpeer pressureでしたが、周りに同じことを共に頑張ってるというのはよい刺激になります。脱落したくなってもやっぱり頑張ろ、みたい…

Figure it outする力

インプットの日々は続く。

グロービスでは定期的に「知の創造勉強会」というものがランチタイムに実施されていました。お弁当持ち込みで外部のプロフェッショナルの方をお呼びし、知的刺激を得る+ダイアローグするというもの。

Acumenでは「Brown Bag Lunch」という呼び方をされている全く同じタイプの集まりがあります。最近Brown Bagが続いていて、昨年のパキスタンフェローの起業家(手作り革製品をグローバル販売しているHOMETOWNを立ち上げています)の翌日のBrown BagはAcumenのボードメンバーの一人であるMayer氏でした。今はプライベートエクイティのパートナーのようですが、複数のビジネススクールや大学の学長を務めた経験や今のクレディスイスの元となる投資銀行のCEOを務めたことがあり、と経歴を全部読むだけでも少し時間がかかるようなお方です。

その方が話してくれた「リーダーシップ」についての考えが興味深かったのでメモ。

「自らなんとかする力」 彼が最も重要だと考えているスキルは「Figure it outする力」とのこと。日本語で訳すとすると「自らなんとかする力」でしょうか。5-13歳くらいの間にその力を鍛える体験を与えることが重要と。その乗り越えなくてはいけない山は小さくてもいい、とにかく新しい環境(彼は「ジャングル」という比喩を使っていましたが)、「なんとかしなくてはいけない」という状況に放り投げることが効果的だと。

たまに留学とか海外赴任とかの、人に与える影響という話がありますが、ちょっと関連している気がします。業界を超えた転職とか起業とかも入るかもしれませんね。5-13歳というレンジで考えると転校とか親の転勤とか、新しい習い事で学校とは別の子ども達に囲まれる体験をするとか、田舎の親戚の家にしばらく滞在する経験とか・・・。

それとは少し離れて、Mayer氏はリーダーに求められることで最も重要な事の一つは「自己理解」である、という持論を何度も強調していました。具体的には「自分は何者か」「自分は何故今やっていることをやっているのか」「自分はどうしてこういう考え方をするようになったか」といった問いに向き合うということ。特にどうなって今の自分は今の自分なのか、という部分は当日何度も強調されていたポイント。

つまりどういった今までの経験が今の自分の…

インプットも英語力も足りない

最近思うこと。

「プロフェッショナルとして自分の分野で経験を積んでいれば、英語が多少不完全でも日本の外で仕事はできる」

自身の英語が「英語圏のネイティブ」に近くなくてはいけないとparanoidになりがちな人にとって重要なメッセージ。

これは実は自分自身に過去半年以上言い聞かせていたことです、なぜなら自分は細かい文法の修正が入るたびに「あぁ、申し訳ない、チームの足かせになってしまって」と思うタイプの人間だから。昨年の6月から「日本の外で」「自分よりもっと英語が上手な人達と」仕事をしていて、上司を含む周囲のメンバーに英語の些細な点の修正の手間をかけさせてしまうことに毎回小さな罪悪感と一種のハンデ感を感じ続けていました。周囲からの仕事のパフォーマンスに対する評価があったとしても、「英語の些細な事は気にしてない」と言われていても。

で・・・ようやく最近自分の英語力に対するコンプレックスを「焦ってもしょうがないことだし、他の方法でバリューが出すのを頑張ろう」という考え方で克服できるようになってきたところだったのですが。実は最近は別の事にちょっと悩んでいます。

なぜならば最近ちょっと以前と考え方が変わって来たから。

「プロフェッショナルとして自分の分野で経験を積んでいれば、英語が多少不完全でも日本の外で仕事はできる・・・できるけれど仲間と本当の意味でconnectするのはそれでは足りない」と。

確かに仕事「は」多分なんとかできる。契約社員やフリーランスのように、ある程度切り離されたタスクをこなすには多分十分でしょう。なぜならば周囲から重視されるのは「何ができるか」「どうできるか」「いつできるか」だから。英語というツールがなくてもパフォーマンスニーズを埋めることができる知識、経験、思考力、情報収集力があれば大丈夫。

でも、仲間になれるかどうかはそれは別の話。

他の仲間と自分がそれぞれのストーリーに皆耳を傾け、対話をしなくてはいけない。その人はどこから来て、何を大事にしていて、今一番重要なことは何なのか。何を求めているのか、自分はどうそれを提供できるのか。

そのためには相手の背景を察する力とか、その話している内容のテーマについてボールを返すことができるような基礎知識も必要だし、自分の持っている引き出しの中で相手の興味に合うようなものを瞬時に出す力とかが求められる。(と私は思ってい…

Hope Creatorの人達に共通するもの

イメージ
AcumenのManifestoの一部にある言葉「Creating hope in a cynical world」

大人になればなるほど色々と現実社会で起きていることを知ってしまったり、自分を守るための術を覚えてしまったり、周囲からの期待値内に妥協しながら自分を押し込めてしまったり、メディアの発するcynicismに慣れてしまったり・・・Cynicalになる材料に囲まれて過ごす時間が増えていきます。

それでも、Cynicalなままでいるか、Hopeのcreator側に行くか。一旦現実を見た人がどういった選択をするかという話には少なからず自分がどういう仲間に囲まれているかに影響される部分が大きいのではないか、と最近感じます。

なぜならば、人に様々なもの(笑顔、勇気、希望、愛、パッションなど)を伝染する力はHope creator側の人のほうが強いから。ここでいうHope creatorとは世界/社会に関して「自分がこう動けばこう良くなると思う」という「Have the humility to see the world as it is, have the audacity to see the world as it could be」のメンタリティを持っている人達のこと。結構彼らは現実的。現実的だけれどhopeful。hopefulでいるのは理想主義と似ていてちょっと違うもの。


で、最近そういう人達を見てて共通してあるなー、と感じるものに「自分を愛する力」や「自己肯定感 (Self Esteem)」の高さがあります。以前はこれらは子どもの頃の体験によってある程度固まるものだと考えていたのですが、大人になってからも誰とどう過ごすかによって強化されていく部分もあるのではないかと最近は思うようになりました。

以前「Living in Peaceの対談ブログ(慎さん&乙武さん) 」に引用したフレーズで「自分を愛する力は、結局他人から愛されることで身につく力だと僕は痛感するんです。他人から愛されることによって、人は自分を愛する力を身に付けて、さらにそれが他人から愛される力になるんですよね」というものがありました。

Hope creatorさん達を見てて感じるのはここで使われてる「他人」が両親とか人生のパートナー的な立場の人のみならず、もっと広い範囲の人を含んでい…

You never know・・・自分で体験しないと分からないこと

結構前に「自分で色々と決めて来た系の人がぶつかる壁」というエントリ-を書きましたが、最近同じことを思うことが何度かあり・・・今回は「You never know」といったタイトルで書いてみようかな、と。
英語で「You never know」というフレーズは「(あなたはそういうけれども)分からないよ、将来何かあってその考え方が変わるかもよ」といったニュアンスを持ちますが、最近「You never know」って感じることが色々なテーマについてありました。

例えば
・働くママのワークライフバランス
・MBA取得
・大企業勤務
・社会人になってから学校に戻ること
・海外で働くこと
・遠距離恋愛
といったトピックについて。
どのトピックにおいてもそれぞれある程度強い意見を持っている方に出会ったことがあります。例えば「自分は絶対〜だな」という言い方ををされる方々。決して私に向けて意見を言うのではなく、「自分『は』」を強調されているのが特徴的です。
数年前まで特にそういう方々に出会ってもあまり気にしていなかったのですが、最近は「どうしてそう決めつけるのかな?」「『You never know』じゃない?」って以前より思ってしまう自分がいます。そう発言している人が自らの体験でなくイメージ偏重で発言しているんじゃないかな、と感じる時は特に。

働くママの大変さを経験したことがないのに、「やっぱり母親は子どもと一緒にいたほうがいい」と主張する人。大企業で勤務したことがないのに、「やっぱりベンチャ-でのびのびやるのがいい」と断言する人。遠距離恋愛を体験したことがないのに「遠距離恋愛するくらいなら別れる」と検討の余地も入れない人。海外で働くことがどういうことか体験はしていないけれど「自分にはないな」と決めている人。MBAに関してだって人によって目的や得るものは違うだろうに「MBAで得られるものは●●だけ」と何故か自信満々で結論を出す人。

色々と調べた結果なら分かるのですが、どうしてそんな断言できるのだろう?時々不思議な気持ちになる時があります。

ちょっとジャンルは異なりますが、西の方からやってきた「株主資本主義」が世間でバッシングされるようになったとたんにそもそも株主という概念すらきちんと取り入れていなかった会社が「やっぱり違ったんだ」と従来のやり方に逆戻りするパターンもちょっと似たも…

学びに利活用されている100のツール

以下は2012年の9月に最初書いたものです。そういえば既に1年以上経って、新しいものも発表されていた、と思い更新し、かつ最近感じるTeacher Professional Developmentのことについても少し触れます。

Top 100 Tools for Learning 2012 どれだけ世の中が「学び」「教育」の世界でスピーディーに動いているかを知るのに良いスライドがあります。Top 100 Tools for Learning:(記事はこちら:上位30だけ以下に記載しています)

どのツールが取り上げられているかはもちろんですが毎年のランキングの変化を見ているとびっくりするものがたくさんあります。

昨日始まったクラス「Transforming Education through Emerging Technologies」では授業中にBackChannelといって授業中のクラスでの場(英語ではair timeという)の時間が限られていて発言したくても出来なかった人のための裏のチャットルームがあります。(こちらでは有名なblackboard社のアプリケーションを使用)

またTwitterとDiigoの使用もシラバスに記載されていますし、YouTubeやSlideshareにシェアされている様々な外部リソースが授業中に紹介されたりもします。

昨日出張中の准教授とはクラス選択の相談をSkypeで行いました。また最終発表の資料作成の指示出しの時も''How many of you here are Prezi users?"といった発言が教授から出るなどPowerPointもonly oneじゃなくなってきています。

日本ではまだまだTwitterが教育の場で使われているかどうか知らないのですが、ハッシュタグの活用を含め、こちらでは学校教育にもTwitterがどんどん使われているようです。


F = free, P = paid for, D = download, O = online Top 30Twitter - micro-sharing site   |  1 |  1 | 11 | 43=    F O YouTube - video-sharing tool | 2 |  3 | 18 | 22=   F O Google D…