投稿

10月, 2013の投稿を表示しています

南場さんの「不格好経営」を読んで

イメージ
怒涛の二週間出張(Quipper勤務スタート)が終わり、ニューヨークに戻る機内で読みました。南場智子さんの「不格好経営―チームDeNAの挑戦」。飛行機離陸直後に読み始め、最初から終わりまで一気に読みました。


湿度が著しく低い機内でひたすら読み続けたせいか、「謝辞」に辿り着いたころにはすっかりコンタクトが乾燥していて、「そろそろ目薬使おうかな」そう思いながら読んでいたときのこと。「自信をなくしてへこんだときに〜夫のおかげで仕上がりました。ありがとう」の部分を読み、その後に続いていた「アシスタントの原千佳さんが電車で原稿を読んで号泣した」を読んだとき、思いがけずここの部分でふと涙が出そうになり、そんな自分に自分自身が驚きました。

最初から最後までこの本はジェットコースターに乗ったような展開で、笑いあり、驚きあり、共感あり、の、早いテンポでざくざく刺激が頭に届いてくる一冊となっています。そのように、全体的に「あたま」の部分に刺激的なストーリーがいっぱい届いてくる本ですが、最後の、ゆっくりスピードを落として行く過程において、全てが自然とまとまってきて、読み手の「こころ」に何かがじわっと届いてくるのです。ちょうどこの「謝辞」のとこらへんで自分の中でその「じわっ」が起きたのかもしれません。

南場さんが、DeNAという会社をどれだけ愛おしく思っているか、それと同じくらい同社の今までの軌跡に関わってくれた人達一人一人のことを好きでいるか、感謝しているか、それらが最後に最も強烈に読み手側に伝わって残る一冊となっています。出張帰りの機内では結局このブログの下書きを含め一睡もできませんでしたが、自分にとって、とても良いタイミングで出会えた一冊だったなと思いました。それを読んでいた時に自分が思ったこと感じたことを例のごとく長いのですがまとめました。

まったく何も知らなかった自分 読み終えた今、改めて言うのも恥ずかしいのですが、もともとソーシャルゲームをやらない+テレビを見ない+野球を観ない私にとって、DeNAという会社のことを自分は実は何にも知りませんでした。7年ほどの社会人人生においてあった数少ない接点は、未成年者向けサービスの規制に関するニュースが出て同社の株価が下がり続けた時期に、その頃担当していた機関投資家の方々に「悪材料が出尽くし、buy on weaknessすべきタイミ…

Quipperに転職しました

イメージ
転職しました。 大学院に通っていた期間中、休職扱いにしていただいていたグロービスを9月末に正式に退職し、10月7日からQuipperという会社で働きはじめました。

結構randomに見えるかも? 休職中、しかも海外在住中のグロービスの退職はなんとなく「遠距離恋愛中の恋人と別れる感じ」と似ていました。お互いを好きでなくなったから別れる、という訳ではなく、その他もろもろの要素を総合的に考えた結果、今は離れたほうがいい気がするという判断で、・・・「If it is meant to be, we shall meet again :-)」そんな気持ちでの退職でありました。
退職前と退職後の変化は社内のメールが見えなくなった、同社の株を手放した、くらいで、他はあまり感じられず、個別でつながるべく人達とは引き続き今までと同じように緩くも心温かい関係が続くのであるのだろうなぁ、とのん気に考えています。(証券会社退職の後もそうだったのですが、当時は退職=人間関係のthe ENDだと思い込んでいた若者だったので、退職決意後もハラハラしていたのを覚えています)
ちなみに、今夜、出張中のロンドンで、中高時代の部活の後輩に12年振りに再会しました。カナダの大学に進学した後、日本に帰国しベンチャ-で働いた後、彼女はベネズエラに海外協力青年隊として派遣され、終了後にケニアで国際開発系のコンサルとして働いた後、今年の秋から大学院に進学するために英国オクスフォードに来たばかり、という状況の彼女。
彼女は自分自身の歩いて来た軌跡を「色々バラバラで困っちゃいます」と苦笑していましたが、まあ、そんな事言ったら私も相当バラバラです。別に面接なんていうフォーマルな場所でない、バーの立ち話といった状況下においても「なんでそういう道を選んだの?」とよく聞かれるような人間になってしまいました。
農業を営んでいた福島の祖父母、校長+教師だった東京の祖父母、銀行員+結婚退職するまで銀行で働いていた父母の元という、比較的保守的といえる環境で生まれ育ったはずの自分なのですが、こんなに職場や生活拠点をコロリコロリと変える人間になるとは思ってもいませんでした。人生何が起こるか分かりません。
どこでこういう人間に自分がなってしまったかは分かりませんが、今までの社会人経歴を今回改めて振り返ってみることにしました。「自分が身…

今の時代の子たちが学んでいること

先日朝会で同僚の一人が共有してくれたことからの気付きの話。彼女の娘さんの学校のカリキュラム(小学校6年生の社会と英語)が凄かった。彼女(推定40代半ば)もおそらく自分自身が驚いたから皆に敢えて共有してくれたんだろうと思う。その場にいた人(平均年齢おそらく30代半ば〜後半)も驚いていたし、80年代前半の生まれの自分ももちろんびっくりした。

物事の変化のスピードは加速している、という事。自分が見えている世界でどういった影響を及ぼしているかを想像することは比較的容易だ。でも自分から遠い世界である「学校教育」の中については同様の解像度で何が起きているかを想像するのはなかなか難しい。

以前ブログでも書いた「World Peace Game」の話を聞いたときも、「School Hacking」のTEDxの13歳のプレゼンを聞いた時も、「こんな体験を小学校でした子達が大人になったらどんな子達になるのだろう」と思ったけれども、今回も同様だった。自分の記憶の中の「学校教育」との共通点と相違点。自分の将来の子どもが受ける教育はどんなものになっているのだろうか。

以下興味のある方のご参考になれば。
小学校6年生「社会科」のカリキュラム 社会のカリキュラム案内として保護者向けに5ページの資料が配布されていた。その資料の構成で特に以下の※印の3箇所が印象的だった。通年のEssentialなQuestionとは(※1)、その背景(※2)、年間を通して子ども達に身につけてもらいたいスキル、考え方、行動習性、教材、8つに分けられた学習要項(※3)。

まず①。壮大なこのクラスの通年の問いはこの資料によると「What is the American Identity?」だとある。この問いについて具体的な説明が与えられている②。そこには小学校6年生のこの生徒達は「learn to value the struggles that occurred in the United States in the late 19th and early 20th centuries」(=先人達の苦労やそれによって築き上げられてきたものの大切さを学ぶ)をした上で「appreciate the distinction between the dream of America and the reality of Am…

NYCに来た日本人が幸せを感じる理由

イメージ
NYC(ニューヨークシティ)でのworking lifeが楽しい。6月と7月の二ヶ月に続き(8月一ヶ月間の一時帰国を経て)9月の一ヶ月も過ぎた。9月は特にあっという間の一ヶ月だった。一時的な家の次の家が決まり、月末で留学中休職していたグロービスを正式に退職し、来週から新しいチャレンジが始まる。とはいえ、これからもOPTビザ終了時までニューヨークにいることは変わらない。

ここ数日の間NYC生活の楽しさの理由はなんだろうと考えていた。一昨日8年ぶりに同じ大学に進学した日本人の友達とディナーした。彼と私は(おそらく)2001年にあの大学に日本の高校から直接進学したおそらく唯一の仲間だ。大学卒業後すぐ日本に帰国し勤め人を始めた私とは対照的に彼はメディカルスクールに進学し、博士号を取得し、今はポスドクとしてノーベル賞受賞者がゴロゴロといる大学で研究をしている。大学進学前は海外で生活をしたことのなかった彼が「東京に帰れる気がしないよ」と笑いながら言っていた。ここでの生活が楽しくて幸せだという。また別の友達は日本から社内異動でニューヨーク支店に異動し、すでに4年が経とうとしている。彼もニューヨークが楽しいと言っていた。たった3ヶ月しか私は経験していないけれど、この街で働き人をするという生活、幸せを感じることが多い。だから彼らの気持ちもなんか分かる気がする。なんでだろう。

NYCという場所 NYCは古いし汚い。食事だって美味しくないし、家賃はびっくりするくらい高いし、タクシーの運転は乱暴、地下鉄の線路ではネズミが走っていることなんてしょっちゅう。道を歩いているとたまにマリファナの匂いだってする。日本のコンビニや東急ハンズみたいな便利なものは存在しないし、郵便局だってサービスは結構悪い。銀行やクレジットカード会社の間違いだってしょっちゅうある。マンハッタンの夜景の綺麗な写真を撮るのは簡単だけれどもレンズを外して直に道路や店の中とかを見てみると実は相当汚いところが大半だ。

東京にいるときに比べて買いたいなって思うものは圧倒的に少なくなるし、ぼったくりされないように色々と気をつけなくてはいけないことが増える。自分はまだまだ出来ていないのだけれど「嫌な時は嫌とはっきり言う(自分が我慢すればいいという考え方はNG)」とか「簡単にsorryとは言わない(execuse meとsorryの捉え…