投稿

7月, 2015の投稿を表示しています

Intention(意志)とHabits(習慣)と - in Manhattan

イメージ
「こうなるといいな」「こうしたいな」と意識し始めた時から実際に行動を動かすまでに乗り越えなくてはいけない山。そして、行動を継続し、習慣にしていくまでに超えなくてはいけない山。
この二つの山を超えてきているかも、と感じ始めている3つのことについて。全てニューヨークに来てから、というよりも今年取り入れ始めたもの。数年前東京にいた時には自分がこうことを習慣にする日がくるとは夢にも思っていなかったものばかり。場所の影響が大きいのか、比較的就業開始時間の自由が効く(夜も6時から7時には帰れる)職場という事実の影響が大きいのか。・・・理由はきっと色々。
① 朝のミニ瞑想タイム 5日前から始めたことなので、まだ厳密には「習慣」とは言えないけれど、すでに手応えを感じ始めたもの。今までも「話題になっている瞑想の効果とやらを自分も直接効果を感じてみたい!」と思って試したことはあったのですが、毎回一日で挫折。それが、今回はHeadspaceというアプリのお陰で続けていけそうな予感なのです。
元僧侶のAndyさんが推奨しているのが

ブログようやく再開 - NYで見たW杯女子サッカー

イメージ
気付いたらあっという間に一回も更新しないまま二ヶ月強が経過。書こうかな、という思うネタはたくさんあったものの・・・・タイミングを逃すと書く気も失せて・・・・「ブログの時間」を日々の生活に取り戻すのにこんなに時間が経ってしまいました。

とりあえず一番記憶が新しいネタ。それは昨夜の女子サッカーワールドカップ決勝戦。立ち上がりから強かったアメリカが大量得点で優勝した内容でしたが(なでしこチームお疲れ様です!)注目は試合後に目撃した二つの事。

まず一つ:米国W杯チーム現役メンバーのママ 試合終了後、フィールドに走り寄る子供達。なんと現役選手にママがいた。

調べてみるとChristie Rampone(今年40歳)の子供は5歳と9歳、Amy Rodriguezの子供は1.5歳。(ちなみに、まだ現役選手兼ママが出来ている選手はそこまで多いわけじゃないようですが、少しづつ事例は増えているという話、女子サッカーでキャリアの途中に出産した初ケースは1994年だったようです)「僕/私のママはワールドカップ優勝したんだよ」って言えるなんて格好良すぎる。

ちなみに、こちらの2分弱の動画は2012年に出産したというAmy Rodriguezのインタビュー。息子を生んだ後に現役に戻った理由、ワールドカップへの意気込みなど。
もう一つ:Abby Wambach選手、同性パートナーと喜び分かち合うQuartzのこの記事の素敵な写真に注目。
米国チームの人気リーダー格Wambach選手の行動であったということと、先日「米国の全州で同性婚が合法化」されたばかりの話題性抜群のこのタイミング。喜びを自分の大切な人と分かち合いたいという気持ちは皆一緒。この瞬間をテレビ越しで観ながら「アメリカだなぁ」と。

日本がこういう環境になるのはいつごろなのかな?と今の日本と今のアメリカの違いを二つのトピックにおいて感じることとなったワールドカップ決勝戦でした。
おまけデータ:ちなみに推定視聴者数は2540万人だったそう。放映したFOX社にとってサッカー試合として最高記録。2011年のESPN社が放映したのは1350万人、1999年は1800万人と。NBAやMajor League Baseballの記録以上だとは知らなかった。参考記事 改めて1億超えのSupoer Bowlの凄さ・・。そして大人気だったテレビドラマ「