投稿

7月, 2014の投稿を表示しています

狭義の「Social Enterprise」そして「社会起業家」

友人が「Asian Women Social Enterpreneurship Seminar」の企画に関わっていることもあって、ふと、改めて「Social Enterprise」ということについて考えてみました。
Social Enterpriseという不思議なフレーズ そういえば、去年のSECONに参加した時、日本人の登壇者の方がこうコメントされていました—「Social Enterpriseっていう、欧米社会が作り出した呼び方にいまいち違和感がある。なぜならもともとビジネスというものは社会のためにあるべきものだから、socialでない組織なんてないのではないか、なぜ敢えて区切るのか」と。

日本で生まれ育った私は、そのとき、その方が言おうとしていることがなんとなく分かるような気がしたのを覚えてます。例えばキッコーマンは「おいしい記憶をつくりたい」会社だし、サントリーは「人と自然と響きあう」会社といいますし・・・。社会へポジティブな影響を生み出そうと思っていない会社のほうが少ないのではないかな、と。(パチンコの会社でさえ、広く考えれば雇用創出・維持という社会的インパクトがある・・・)

でも、Social Enterprise(営利・非営利問わず)を支援するベンチャ-キャピタルで自分が働くようになって、自分達の文脈で使う「Social Enterprise」という単語は、もう少し狭義のものなのだと、うっすらと感じるようになってきました。

良く分からないけれど、何かが違う。もちろんビジネスの大小とは別の何かが。

確かに世の中のほとんどのビジネスは広義では「Social Enterprise」なのかもしれないけれど、冒頭のセミナーのような文脈や今自分が働いている業界で使われる場合、何かが少し独特で。その場合の定義は何だろう。

掲げているミッションが社会的インパクトを第一に持って来ているかどうか、であったり、社会的課題を解決することが目的で設立されたビジネスである、とか、成功の基準が従来型のビジネスとは異なる、とか今までも若干ふわっとした考え方はあったのだけれど、いまいち自信がない。

利益創出が手段か目的か そう思って、この期に、調べてようと思い、発見したのがこのサイト
"Profit is viewed as a means and not a prima…

Global Education 前半 - ハーバード教育学部卒業生イベントより

イメージ
今夜はHGSEの卒業生向けのイベント「Educating Global Citizens」に終業後足を運んできました。スピーカーはProf. Fernando Reimers。以前ブログに書いた「Education Innovation Day@iLab」のエントリ-に登場していた教授です。

「Once a HGSE student, always a HGSE student」というフレーズが帰り道、頭の中に浮かんでくるような、現役学生時代を彷彿させるような、学びの刺激に満ちた1時間半でありました。久々の、教育に関する知的インプット。幸せでした。

忘れないうちにまとめなければ、と。二回に分けて書きます。まず最初のこのエントリ-は、そもそもGlobal Education又はGlobal Citizenとして求められているCompetency(スキル・素質)とは、に関する話です。


まず定義(仮)から 日本語でも「Global Education/Global Competencyってなんぞや?」という感じですが、こちらでもそれは同じようでした。そもそもフワッとしているもの。同じ学校内の先生同士でもイメージが異なっている場合が大半だとか。Reimers教授は、まず定義付けから始めよ、と言われました。

ふと思い出したのが、以前、ハーバードのCenter on the Developing Child(研究所)でのインターン中に参加した「The Frontiers of Innovation」カンファレンス。このテーマが幼少期教育におけるExecutive Function Skillの重要性だったのですが、この「Executive Functionl」というのも、Global Educationと同じくらい定義がふわっとしている世界です。大切な気がするし、皆そう思っている、でも何をどうすればいいかはまだまだ世間の大多数では「?」な課題。その時も、こういうふわっとしたものを一旦定義(仮)する大切さを学んだな、と思いながらReimers教授の話を聞きました。(Executive Functionについてはこちらを)

ちなみにReimers教授本人の「Global Competency」の定義はGoogle検索して見つけたこちらの資料のP3にありましたが、意訳すると:①(個…

リンゴとトマト

イメージ
年を重ね、色々経験も積み、段々と「他人と自分を比較することで得られるものなんて何もないんだ」と頭で分かってきていても、自分には他人と自分を比較してしまう醜い部分がまだまだ残っているな、と感じることが時たまあります。

そんな自分だから、比較の対象となるような「一定の基準」が見えにくい、ゴチャゴチャなこの街で生活していることが気楽で、幸せなのかも、と思うこともたまにあります。色んな人がいて、色んな事が許容されているこの街には時々驚かされることもありますが。
一つ前の映画で「許されざる者」を観ていたときも、日本の映画館だったら明らかに「シーン」となるような、非常に真面目で深刻なシーンでも、「プッ」と笑う人や「Oh no-」とか溜め息つく人、急に拍手喝采が起きたり、日本人の感覚ではジョークではないのにジョークだと捉えられて20秒以上も笑いが会場内に続くときがあったり。
みんな色々。色々でいい。それが当たり前。
そう分かっていても、自分の癖というものはなかなか手強い。自分の中に存在する醜い部分がムクリと動きだそうとする時がないわけではないのです。
なので、自分の身近に「他人と比較することなんて馬鹿馬鹿しい」とあっさり言い放つ人がいるのはとても有り難いことだな、と思います。


例えば今日の会話もそのパターン。
私:(他人と自分を比較している人、を、更に自分と比較した内容を共有中)
相手:「I think comparing is kind of unfair by definition and as such I think it's stupid」
私:(まぁ、そうだけれどさ、比較しちゃうときだってあるよ)
相手:「because it's never comparing apples with apples」
相手:「it's always apples and oranges」
私;(そうだね・・うん・・)
相手:「or apples and tomatoes」
私:「like strawberries and watermelons? 」
相手:「・・・・・yes」


そうだよね。リンゴとトマト。

比較してもしょうがない。だって全然違うものだから。
そもそも「他人と自分を比較する」っていつごろから身につけたものなのだろう。 厄介な癖だよね。まだまだ…

Japan Society主催の映画祭で「永遠のゼロ」を

イメージ
先日も映画ネタのエントリ-「ブルックリンでみた日本人女性に関する映画 」を書きましたが、今回も映画つながりで。

ニューヨークにあるJapan Society(以前父がNYに単身赴任していたときに滞在していた場所の近所なので若干懐かしいエリア)が主催しているJapan Cuts 2014という映画祭。そこで上映されていた「永遠のゼロ」を先週の土曜日、「許されざる者」を昨夜観てきました。





まず「永遠のゼロ」。前売り券完売。でも、戦争モノはやはり辛かった。Japan Societyに向かう途中、エジプト系移民のタクシーの運転手の方と今イスラエル/ガザで起きていることについて話していた直後だったというのもあり、戦争というものが引き起こす、広範囲にわたる心理的&身体的に深刻な、影響がリアルに再現されているのを見るのは、如何に映画だったとはいえ、心苦しい体験でした。上映時間中はずっと緊張状態で、涙も随時ボロボロ。観る人を泣かせる仕組みがうまく組み込まれている映画でありました。

のほほんとした時代に生まれた自分なので、(映画独特のある程度の誇張があったとしても)このような形でほんの数十年前の日本がどういう状態であったかに思いを馳せる機会があったのは良かったなと思っています。

以前緒方さんの勉強会で「なぜあの戦争は起きたのか」という問いに彼女が真剣に向き合っていたことを思い出しました。日本が同じ過ちを犯さないようにするにはどうするべきか。グループシンク要注意・・・。(過去エントリ-:緒方貞子さん、NHKスペシャル番組、NYの勉強会で )とはいえ、この映画、アメリカ人の友人と観に行ってたらどういう感想になったのだろうかな、とは少しだけ気になりましたが。


そして、「許されざる者」。渡辺謙さん主演。1992年のクリント・イーストウッド監督・主演作品のリメイク。1992年の映画を観た方が面白かったのかな・・という感想。土曜の永遠のゼロより圧倒的にnon日本人の観客が多かった平日の夜。北海道の自然やそれに絡めた音響が素敵でした。が、自分にはちょっとグロテスクな描写が多く&ストーリーもちょっと好みの路線とは違いました。同じ渡辺謙さんの作品だったら「The Last Samurai」「Inception」が自分は好きです。


さて、このJapan Society、オフィスからも自宅からも遠いので…

日本人でない美容師さんにお世話になった

大学生時代も大学院生時代も、美容院はほとんど日本への一時帰国中に済ませていた私。一時帰国の頻度が低くなり始め、海外現地で美容院に行かなくてはいけない状態になってからは、なんとなくですが「日本人のいるサロン」を優先的に選ぶようにしていたものです。

そんな私が初めてその「パターン」を飛び出したのが先週の土曜日。Gilt Cityで割引券を発見したのを機に、non日本人美容師さんデビューを果たしました。
なんだか結構新鮮な体験だったので備忘メモ。

①:互いに質問や意見をストレートに言いやすい雰囲気 自分が「日本人でない美容師さんに担当してもらうの初めてです」「マンハッタンでnon日系美容院に行くの初めてなんです」と先に伝えていたからか・・・・・素直にあれこれ相手に教えてもらうモードに最初から自然となれたのが印象的でした。
相手がポンポンと(私がどう思うかとか気にしなさそうな雰囲気で)ハッキリ意見を言ってくるので、こっちもつられて率直に色々と言いやすく。変な遠慮とか、空気の読み合いみたいなものが皆無だったのがらくちんでした。日本の美容院だと「お客様」として大切に扱われ、それがヒシヒシと伝わってくるのに対し(如何に慣れ親しんだところでも)、今回のところでは「プロとして100%力を発揮してあげるけれど、ま、気に入ったら次も来ててくれればいいから」的なさっぱり感がありました。

②:美容師さんも学士号を取得する? 今回カットを担当してくれた方はテキサス州で高校卒業後に美容学校に進学して、資格を取得した方(資格は州毎)。そのあとニューヨークに「上京」してデザインの学士号取得の為に大学に通いながら今は働いているのだとか(もちろんハサミを持てるまでに数年の下積みがあるらしい—それは日本と同じかな)。「美容師の資格と大学進学を両方やる人って多いの?」といったら「もちろんよ」と。ビジネスなどの学士号を取る美容師さんもいるのだとか。日本はそういうイメージがなかったのでプチカルチャーショック。

③:毎日髪の毛をシャンプーしてはいけない、と 以前、ヨーロッパで会った友達が「私シャンプーするの1週間に1〜2回くらいだよ」と言っていたとき仰天したのだけれども、今回の美容師さんに聞いたらやはりシャンプーのしすぎは髪の痛みにつながるらしい。髪をすすいだり、トリートメントを使ったりはよくても、シャンプーの頻度を…

ベンチャーと組織づくり

イメージ
今夜業務終了後に、同僚と足を運んでみたミートアップ。

テーマは「How to build meaningful employee cultures」

B Corp達による、B Corp的な人達に対するイベント 同僚の彼女は会社の人財チーム(英語では「Talent」)のメンバー。私が部門横断型に働くことが多いのと、前職時代での経験が人財に関わるものであったことがあって、良く一緒にディスカッションをする間柄。

そんな彼女が「一緒に行ってみない?」と誘ってくれた参加費無料のミートアップ。場所はFlavorpillというベンチャ-のオフィススペース(今夜の詳細)。足を踏み入れた瞬間、New Work CityImpact Hub NYCWix Loungeといったコワーキングスペースかと思って、受付の人に質問してしまったくらい、素敵な空間。
Flavorpill’s mission is to empower you to lead a more extraordinary life by connecting you with culture, people, and ideas that inspire you. (from their About page) (2000年創業) 始まる前から少しワクワク。
空間デザイン、重要。

今夜はBe Social Changeの共同創業者をモデレーターとして迎え、組織づくりというテーマについて、3つのベンチャ-をそれぞれ代表したスピーカーを参加者が囲む形式。(呼ばれていたベンチャ-のうちの一つは手作り作品のEコマースで有名なEtsy、環境に優しい建築資材を提供するIceStone、視覚障害者や盲目な方によってつくられたパーティー用グッズを販売しているSusty Party=全てB Corpとして認定されている企業ばかり)

このBe Social Changeという組織は以前から協業パートナー候補として注目していたのだけれど、やはり面白そうなところだった。
Be Social Change helps people build startups, careers & lives of purpose + impact.  Be Social Change is a community-driven nonprofit …

朝7時のNYからFMはしもとに耳を傾けた

イメージ
現在朝8時。一時間ほどFMはしもと(和歌山)の番組に耳を傾けていた1時間。まさかマンハッタンから和歌山のラジオ番組を聴く事があるとは思っていなかったのだけれど。ラジオ(&スマホアプリ)って改めて凄い。

そもそもなぜ、耳を傾けていたかというと、Acumenの大阪チャプターの発起人&現代表の山口さんがインタビュー登場されると聞いていたから。

事の発端は先週の水曜日。Acumenでは毎月第一回の水曜の午前中に「グローバルチャプターリーダーコール」というものを実施しています。そこでは、23都市(2014年7月時点)に存在している各チャプターのリーダー達がDial inして、近況を共有してくれます(時差があるので全員が毎回入れる訳ではないのですが)NY時間の10時と12時の二回のどちらかに入ってもらうのですが、日本からは早い時間帯でも23時と遅い時間になってしまいます。

そこにコールインしていた山口さん。都市のアルファベット順に近況共有してくれていたチャプターリーダー達。大阪(Osaka)はニューヨーク(New York)とオスロー(Oslo)の間。

山口さん「今度大阪チャプターの活動を紹介するためにラジオ番組にでます・・・・(電波が悪く残りあまり聞こえない)」

私「え?」(色々チャプターはクリエイティブな活動をするのだけれど、ラジオは初耳だった)

私「どんな番組ですか?」

私「あれ?Yoichiro??Are you still there?」

・・・聞こえない。

私「(他のチャプターリーダーに対して)Can everyone hear him??」
他チャプター「Not really」

・・・結局コールの後に個別に確認することに。すると、FMはしもとというラジオの番組に出るという詳細を教えてもらいました。5月24日に「PechaKucha大阪」での「Knowledge Salon」というイベントで山口さんが登壇されて話していたのがきっかけだったそう。「Interview with you!」という番組の中での登場。探してみたらこのページを発見しました。日本の水曜の20時、コチラの朝7時。



早速チャプターのFacebookのページにも宣伝があったので、私もシェア。

Post by Osaka+Acumen/アキュメン大阪チャプター.





Post by Tomoko Matsuk…

ブログリスト更新しました

イメージ
Feedlyなどで読まれている方には気付かれていないかもしれませんが、私のブログの右側のメニュー欄に「My Blog List」というものがあります(写真)。

久しく更新していなかったのですが、久しぶりに自分のFeedly内のPeople箇所を眺めてみて、相当数の新しいブログが加わっていたので追加してみました。海外に関するテーマ(留学、起業、生活、外資系企業)が比較的多いかもしれません。



誰かのブログを通じて、ツイッターを通じて、色々面白い人のブログに出会って色々なことを教えてもらっています。



過去の関連エントリ-
留学中に出会った同世代のパワフルな発信力(更新)(2013年12月)
学校で教えてくれない情報収集の仕方(2014年4月)

仕事のアウトプットの質と量とインパクト

最近思うこと。仕事に対する姿勢みたいなもの。
質と量のバランス 効率UPを追求するのが大好きな人達と、効率を追求するアプローチを選ぶことで失われる何かに対して慎重になる傾向の強い人達。「定規」の端っこにそれぞれのタイプの人達がいるとしたら、私たちは皆その両極端の間のどこかに立っている。

「教育」の文脈で、「ソーシャルセクター」の文脈で、「スタートアップ」という文脈で、この「定規」のことをふと考える機会がたまにある。

限られたリソースで「量」を成し遂げることのできる「効率化」はありがたい。でも提供価値の質を妥協することはしたくない。その微妙な「質と量のバランス」の立ち位置は、教育セクター、ソーシャルセクター、またはスタートアップの世界に身を置く人達の間でも、それぞれ違うことが多いのが面白い。

ある人にとっての「バランス」の場所は、別の誰かにとっては「ちょっと『質』にこだわり過ぎている」のかもしれないし「ちょっと『量』を追い求め過ぎ」といったように。

「良いものを多く、広くに」は欲張り? 私はおそらく「どちらかというと『質』(こだわり派、選ぶとしたら大勢へのインパクトより少人数へのインパクト)に偏る傾向がある・・・・にもかかわらず、非効率・合理性が低いと周囲に思われるのも嫌という人間」。

最初の職場の先輩に「三時間かけて85%達成したのならば、追加一時間かけて90%にする合理性がどこにあるか考えるべき」と指摘された時。とにかく目の前のお客さんに100%応える(基準は120%)ことしか頭になかった自分はその考え方にハッとさせられたのを覚えている。

時間をかければ、少人数に集中すれば、アウトプットが高まるのは当たり前。そのプロセスにおける自己満足性も高いので、中毒性もあり自己正当化力も高い。でも本当に「良い仕事のできる人」っていうのは、より短時間で、より大勢に、質を落とさずにいかにインパクトを生み出すか、と最近思うようになってきた。いいものはやっぱり広げるべきだし、それを追求したい、そうジワジワと思うようになってきた。
そのためには闇雲に働いているだけじゃダメみたい。
目の前のことを85%で割り切って、残りのリソースを0%の段階にある別のものに投入するべきか、または85から90%にそれまでと同じやり方ではない、より効果的なアプローチを取り入れるのか、それとも二次的、三次的…

流れが変わるときに生まれるストーリー

流れが変わるとき この時期、大学生、大学院生は夏休み。
アメリカの学校の多くの夏休みは5月の終わりから8月末まで。多くの人はそのまとまった時間の間に色々な活動に勤しみます。インターン、ボランティア、フェローシップ、旅行、プロジェクト・・・。
Acumenにも全部で10人以上の(皆大学院生ですが)サマーアソシエイトの方々がやってみました。ニューヨークオフィスに限らず、アクラ(ガーナ)やラホア(パキスタン)などといったオフィスに行ったりする人達です。それぞれ、色々なストーリーを持ってやってきた人達。30人ちょっとのオフィスなのでニューヨークに5人以上の新しい人が加わっただけで一気に賑やかに。
加えて、9月の新学期に向けて、大学院入学のために移動する人がいたり、社内異動があったり、新しく採用された人達が入って来たり。それぞれの「節目」。彼らの今までのストーリー、これからのストーリー、たくさんのストーリーが目の前を飛び交っています。
そして、この時期は日本から海外留学していた人達も卒業シーズンを経て次のステップに足を踏み出しているタイミング。ニューヨークから、シカゴから、ボストンから、ロンドンから・・・日本に帰国して新しい職場に飛び立っていった人達。これから起業を予定している友人達。新規事業の立ち上げにエネルギーを投入している人達。
だから色々と自分の周りが慌ただしい。彼らを取り巻いているそれぞれの「潮の流れ」が変わり始めている、みたいな。


自分にとっての変化のポイント 自分は久々に落ち着いている。周囲に思われるほどほど忙しい日々を送っているわけでもないと思う。だから、相手のストーリーに耳を傾けることのほうが最近は多い。でも、そういうとき、質問もされる。

「what is your story?」

で、ちょっと振り返ってみた。
全てがなんだかへんてこなストーリーばかり。


最初の職場であった調査部から営業部へ異動したとき(2007):同期のH君がふらりと私の席の横にやってきたことがそもそもきっかけだった。なんだかいつも「ヘヘへ」と笑っているイメージが今でもあるその彼が私にコソっと話しかける。「なんか、営業チームが英語が出来る調査部または投資銀行部の人探しているみたいだよ」ー へー、そうなのかしら?と確認のつもりで営業部のチームにコンタクトしたら、自分の想定外の早さで色々…

過去二年についてのプレゼン資料をつくってみた

イメージ
初めてこういう資料をつくったのは2013年の夏。

当時籍をおいていたグロービスで「一時帰国報告会」をしたときの準備として。留学を始めた2012年8月からのインプット/アウトプットを聞き手にとって意味がありそうなところにフォーカスしながら創ったもの。確か30頁強だった気が。

そして、今回。

友人に頼まれて彼の会社の人向けにスカイププレゼンをするために、1年前に創ったものにちょっと手を入れてみる。PowerPoint作成が元々好きな自分。予定されていたコール(今日)の前々日に帰宅後、黙々と作業。オタクな自分。

そういえば、最近自分のResumeを更新していない。そんなこともふと思う。転職を意識していなくても、自分のResumeに定期的に向き合い「What have I accomplished?」を考えるのは重要なこと、と誰か前言ってくれていた。1年経ったし、そろそろ振り返りのためのResume更新しておいたほうがいいかもな、とか。

そんなことを思いながら数時間かけて更新したプレゼン資料。できあがったら50頁になっていた。前回のものから削除したもの、追加したもの。「10ヶ月の大学院」+「卒業後の12ヶ月」。既に後者の方が経った時間が長くなってしまっているという事実。本当に時が経つのは早い。

過去二年は「大学院という非日常」+「学んだことを何らかの形でリアル社会につなげる経験を積むことを重視する猶予期間」と割り切っていたこともあり、結構過去二年は「アレもコレも」状態だったなぁと。幼少期教育に自分を振り切った時もあったし、MOOCなんて全く興味がない時もあったし(むしろ醒めてて懐疑的な時間のほうが長かった)・・懐かしい。

以下はごく一部抜粋。










次の一年が経ったときの資料にはどんなことが描かれているか・・・。

今回の資料にはほとんど登場していない「コミュニティづくり/組織づくり/モチベ-ション管理/ナレッジマネジメント」といった世界に浸っている時間のほうが最近増えつつある、そんな2014年後半の始まり。

Happy July 4th Weekend!